うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

龍馬をゆく~長崎

長州藩邸跡地@龍馬をゆく2017

たしかこのあたりだったと記憶しているのですが・・・。なんだか10年前とすっかり様子が変わってしまい、はて、本当にここだったのか・・。ちくと自信が・・。でも地図的には前回の場所と同じだと思うのですが・・。 長崎県市町村職員開館の脇には「新町活版所跡」の…

海軍伝習所(長崎奉行所西役所)跡@龍馬をゆく2017

長崎奉行所西役所跡、現在の長崎県庁を再訪します 10年前の私の「幕末観」における海軍伝習所はもちろん、龍馬、そして勝海舟しかありませんでした・・。その後、榎本武揚のデカさが私の「幕末」に押し寄せて来た気がします。私自身も函館に暮らし始めたり。 …

「清風亭跡」@龍馬をゆく2017

「龍馬史」における大きなポイントのひとつである、後藤象二郎との長崎での会談。その舞台がここ「清風亭」でした。 慶応三年、土佐藩参政、後藤象二郎と龍馬が会談しました。土佐における「上士」と「郷士」、土佐勤王党を弾圧した上士の首領後藤象二郎と、…

「花月」@龍馬をゆく2017

しっぽり濡るる雨の長崎丸山花街 いこかもどろか、の思案橋を越え花街丸山へ 史跡料亭「花月」 碑の建つ料亭というのも珍しい?のでは 10年前、次は料亭でメシを食えるようになって再訪するぜよ!と篤く思った私でしたが・・、結局、今回も入口を眺めてオワリ…

丸山公園の龍馬像@龍馬をゆく2017

10年ぶりの丸山の雰囲気ある交番。懐かしいです~、変わらないですね。 やはり夜でこそ、丸山の雰囲気が味わえる?というものです・・。ん・・!?公園の石碑の向こうに何やら怪しげなサムライの像が・・・! だーん!と、「坂本龍馬之像」が立ってるではありません…

高島秋帆旧宅@龍馬をゆく2017

「史跡 高島秋帆宅跡」の碑が建っています。 「正覚寺下」電停から長崎茂木街道の坂を上ること約5分、高嶋秋帆旧宅へ到着しました 2007年の「龍馬をゆく」の際には訪れることが出来なかった「宿題」ポイントでした 「旧宅」とは言っても、残念ながらその建物…

「長崎茂木街道ここに始まる」の碑@龍馬をゆく2017

幕末町歩きに冒頭し、どっぷりと陽が暮れてしまいました・・。夢中で幕末を妄想していると、時を忘れて時間が経つのがものすごく早いですね・・。「正覚寺下」から街道に入った所に設置されている、「長崎茂木街道ここに始まる」の碑です。「街道」という響きが…

大浦けい居宅跡@龍馬をゆく2017

「お茶」で有名な大浦のおけい、居宅跡碑です。この日はけっこうな雨振りで、ここを訪れる時は何故かいつも慌ただしい感じになってしまいます・・。

致遠館跡@龍馬をゆく2017

佐賀藩屋敷内であった「致遠館」。その痕跡を示す碑が、駐車場の片隅に建てられています。碑の後ろの壁が雰囲気を醸し出してくれていますね。 「致遠館跡」。ご周知、佐賀藩が長崎に設立した藩校、かの「フルベッキ写真」で有名な?グイド・フルベッキを教師…

佐賀藩深掘鍋島家屋敷跡@龍馬をゆく2017

大波止通りのコナミスポーツの所です。なにやら場違いな?灯籠とプチ庭園的な緑地があります。 説明書きがありました。「佐賀藩深掘鍋島家屋敷跡」。んー、ここのすぐ裏、そこの道路を入った所が「至遠館」跡ですから、なるほどです。 ちゃんとこうして少し…

後藤象二郎邸跡(テレビ長崎)@龍馬をゆく2017

長崎の後藤象二郎邸、跡地。ご周知、テレビ長崎の場所ですね。 10年ぶりの再訪。しかしながらこのKTN別館との「渡り廊下」がある所、後藤象二郎邸跡碑がある道路とかなりの高低差がありますよね・・。大概現在の主要国道等が当時の海岸線、というパターンが多…

おりょうと月琴の像@龍馬をゆく2017

「おもしろき女」「月琴をひく」とおりょうのことを手紙で紹介する龍馬。そんな「月琴を弾くおりょう」の像が設置されていました 場所は長崎地方法務局。小曾根邸跡地です

小曾根邸の跡@龍馬をゆく2017

小曾根邸跡を再訪です。現長崎地方法務局の所ですね。 坂本「竜馬」の文字を使用していますね。

近藤長次郎顕彰碑@龍馬をゆく2017

中島川の眼鏡橋です。長崎観光の有名スポットですね。 その川岸に「近藤長次郎顕彰碑」がありました。ご周知、「まんじゅうや長次郎」龍馬のご近所さんですね。高知の「龍馬の生まれたまち記念館」にも長次郎の銅像がありました。 哀しいかな時代に翻弄され…

上野彦馬生誕地@龍馬をゆく2017

むむむ・・!なんぞこげなところに銅像が・・!銀屋町になるのでしょうか?しもむら産婦人科の背中側の通りになにやら二対の銅像が・・ ん!?これは・・、「上野彦馬生誕地」の文字。そしてその台座の上には上野彦馬と坂本龍馬の銅像が! どうやらここは幕末を代表…

上野撮影局跡@龍馬をゆく2017

上野彦馬宅跡の向かい側に何やらモニュメントらしきもの?が見えました。あっ・・! 「上野撮影局跡」の看板が・・! ほほお~・・。10年前には無かったこの展示。いつ出来たんでしょうか?例によって2010年、大河ドラマ「龍馬伝」の産物でしょうか・・? 龍馬の超絶…

上野彦馬宅跡@龍馬をゆく2017

10年ぶりに戻ってきました。「上野彦馬宅跡」。 新大工町の上野彦馬撮影所から伊良林の亀山社中に上がる入口までいいアクセスです。龍馬の有名なあの写真はここで撮られたのでしょうか。

諏訪神社の福沢諭吉像@龍馬をゆく2017

諏訪神社です。前回はこの石段を見上げてここで終了いたしました・・。幕末・史跡巡りは超絶アップダウンの繰り返しですから、そういう意味では運動になっていいものだと思います。しかし、あまりやり込み過ぎても体調に障る場合がありますので何事もほどほど…

「シーボルト記念館」@龍馬をゆく2017

シーボルト旧宅跡地に隣接して「シーボルト記念館」がありました 館内でこの日は地元のテレビ局による何らかの撮影が行われていました。後藤象二郎邸のテレビ局ですね(笑)見学には外国人(欧州系?)の団体さんが訪れていて、なるほど~と思いました。 ず…

シーボルト宅跡@龍馬をゆく2017

シーボルト。医者で植物学者でもあるこの幕末の有名人は、このブログでも再三登場しています。その宅跡、そして「シーボルト記念館」を訪れました。 鳴滝の坂を上って行くと、ありました!シーボルト宅跡! 「史跡 シーボルト旧宅跡」碑 門の中、邸内であっ…

鳴滝@龍馬をゆく2017

シーボルト宅跡へ向かう道中です 「鳴滝」。風雲児たちファンとしてちょっと興奮します(笑 急峻な土地に川が流れています 鳴滝は江戸時代には景勝地であったと説明されていました

グラバー園@龍馬をゆく2017

「ブラタモリ」のグラバースカイロードを昇り、2007年以来のグラバー園再訪です ここは長崎観光の大スポットですからもはやありきたりかも知れませんが、我々幕末ファンには欠かせないポイントでもあるわけです 有名ポイント過ぎてもはや説明不要、な場所で…

湊会所跡@龍馬をゆく2017

東山手の居留地跡にやってきました。久しぶりです~ 坂の登り口に建つ、「湊会所跡」碑

土佐商会跡(夕顔丸モニュメント)@龍馬をゆく2017

土佐商会跡を訪れます 前回訪れた日中とは違って夜の雰囲気もありますが、随分整備されたんだなあ、と思いました 前回無かった「夕顔丸」のモニュメントです

夜の出島をゆく@龍馬をゆく2017

出島です。もはや説明不要、幕末ファン、歴史ファンには欠かせない長崎のビッグポイントですね! 2007年以来の「出島」。この日は日程的にも夜になってしまい、せっかくですから夜の出島を楽しもうと思いました。 あちらこちらの本等でよく見るこの出島の絵…

土佐藩屋敷跡付近@龍馬をゆく2017

土佐藩屋敷跡地付近です。ここの景観も変わっていないですねえ~。今回は夜にブラブラしました。

薩摩藩蔵屋敷跡@龍馬をゆく2017

「長崎龍馬の道」の旗が掲げられた新地の中華街に向かう銅座町界隈は、相変わらず人通りが多いですね 現在の三菱UFJ信託銀行、「薩摩藩蔵屋敷跡」。 このような看板は2007年時にはあったでしょうか・・??

二宮敬作墓@龍馬をゆく2017

楠本家墓地に 二宮敬作墓。長崎のシーボルトに師事、シーボルトの信頼篤く、シーボルトの娘楠本イネは逆に二宮敬作に医術を学んだ。合掌ー。

楠本イネ墓@龍馬をゆく2017

皓台寺です。龍馬ファンの間では、近藤長次郎の墓があることでも有名なお寺ですね。 「シーボルトゆかりの人々の顕彰碑」という一角があり、お瀧さん、イネさん、二宮敬作さんなどが顕彰されています。 シーボルトについて解説がありました。幕末の有名外国…

上野彦馬墓@龍馬をゆく2017

このような看板は以前無かった記憶です 幕末、写真の先覚者の一人として最も有名と言って良いのでしょう「上野彦馬」。あの有名な龍馬の写真をはじめ、数々の幕末の志士をここ長崎で撮影した人です。 上野彦馬墓。 幕末の志士、そしてあの「フルベッキ写真」…