うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「清風亭跡」@龍馬をゆく2017

イメージ 1
「龍馬史」における大きなポイントのひとつである、後藤象二郎との長崎での会談。その舞台がここ「清風亭」でした。
イメージ 2
慶応三年、土佐藩参政、後藤象二郎と龍馬が会談しました。土佐における「上士」と「郷士」、土佐勤王党を弾圧した上士の首領後藤象二郎と、郷士側のいわば首領の龍馬が会談、龍馬の周囲では当然、「後藤斬るべし!」な空気であったと思われます。後藤にしてみれば、勤王党に暗殺された伯父、吉田東洋のいわば仇です。そんな両者が会談する、物語的には一触即発の状況です。しかし、政治というものはそんな物語の表面上には現れぬ強かさがあるようです。
イメージ 3




イメージ 4