うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

崇神天皇稜@奈良2020

f:id:a-jyanaika:20210127223815j:plain

昨年2020年秋の、奈良古代史巡りコンテンツです。
卑弥呼の里」ってのが、興奮ビンビンに高めてくれます!笑
卑弥呼と言えば、例の「邪馬台国論争」。以前にも触れましたが、私は単純に「九州説派」なんですが、こうして現地を歩くと、いやいや・・、やっぱり近畿説か・・、という気分になってくるようで不思議なもの・・^^;、当然と言えば当然ですが、どうしても「地元説」に傾倒するのは無理もない、と思いますね・・^^;
ちなみに、「卑弥呼」というのは固有名詞では無いんじゃないか・・?と私は感じておりまして、いわゆる一般名詞?つまりは、巫女さん、とか、神官とか、そういう意味で当時際立ったシャーマンだった女性を一般的に称している名詞じゃないか?と思うんですよね・・^^;だから、卑弥呼の墓、ってそういう意味では存在しないんじゃないか、って、単純に思ってます・・。

f:id:a-jyanaika:20210127225003j:plain

さて、滋賀から車を走らせてやって来たるは奈良県。地図で見ると、「崇神天皇稜」!?ってのがあるじゃないですかっ・・!!マジで・・(゜゜)!?
道路脇に見える不自然なこんもり・・。アレじゃね・・・??

f:id:a-jyanaika:20210127225245j:plain

近くまで歩いてゆくと・・、うおっ・・!!でたっ・・(゜゜)!!
崇神天皇稜」だそうです!!でけえ・・・・。

f:id:a-jyanaika:20210127225428j:plain

しかし・・・、素人として素朴な疑問なんですが、なんでここが崇神天皇稜だと分かるのでしょうか・・・^^;かの有名な、仁徳天皇陵しかり、「だというのが現在の有力な説」ということでしょう・・?ここもそういう捉え方の良いのでしょうか・・^^;?

f:id:a-jyanaika:20210127225638j:plain

もしここが、本当に崇神天皇稜だったとすると、私的にはちびってしまうくらいの興奮スポットなんですけど・・、それにしても誰もおらんね・・^^;いや、私の史跡巡りは常にそういうものなので、何とも思いませんが・・、もし崇神天皇稜ならですよ、もっと大げさに?整備されててもおかしくないというか、古代史好きな方も大勢いらっしゃるでしょうし、もっと盛り上げましょうよ・・!って気がしてしまうんですよね・・^^;

f:id:a-jyanaika:20210127230026j:plain

例によって、うめじろうの妄想古代史ワールドですが^^;、九州北部にあったヤマト王権が、陣地を深化させて奈良盆地に移って来た(神武東遷)。そして神武王朝が続くのですが、やがて大陸勢力、騎馬勢力の来襲を予見しこれに呼応すべく「欠史八代」の間になんやかんやの工作をし、そして来たる「出雲の国譲り」で10代崇神王朝(三輪王朝)に引き継がれていったワケですよね・・。そして「八幡」の15代、応神王朝に継ぐという流れ・・。つまり崇神天皇は大きく政体が変化したビッグネームです。その史跡が、これほどの管理で良いの・・?という素朴な疑問が湧いて来るのであります・・^^;だってキトラ古墳とか、すごい細かな国の管理(お金の掛け方)を感じましたからね・・。
ちなみに、巨大な陵墓の脇にある不自然なラクダのコブのようなこんもり・・。これも絶対、古墳でしょうがっ・・!!笑

f:id:a-jyanaika:20210127231503j:plain

そして道路を挟んで向こう側に、何やら神社があるんですよ・・。なんか、ヤバそうな雰囲気で・・・。

f:id:a-jyanaika:20210127231830j:plain

行ってみると・・、
!?「伊射奈岐神社」・・!??イザナギ神社・・!めちゃヤバいっしょ・・(・・;)!!

f:id:a-jyanaika:20210127232629j:plain

地上世界に初めて降り立ったイザナギイザナミ。ドロドロの海をかき回して、島をつくるんですよね、まずは淡路島を。それから次々に島を生み出し、日本列島を形つくっていったという神話ですよね。

f:id:a-jyanaika:20210127233008j:plain

更に二人は、山、海、風の神などたくさんの神々を産んでゆくのですが、イザナギはその最後に火の神を産んだ際に大やけどを負ってしまい、命を落としてしまいます。イザナギとの突然の別れを受け止められなかったイザナギは、最愛の妻に会いに黄泉の国へ向かうんですね。そしてイザナミに、決して私の姿を見てはいけない、と言われたにも関わらず、その姿を見てしまったイザナギ。しかしそこにいたイザナミの姿は腐敗し、すっかり変わり果ててしまっていたのです・・。イザナギは慌てて地上目指して逃げ出しますが、イザナミが追い掛けてくる・・・という、これまた周知の神話ですね・・。

f:id:a-jyanaika:20210127233640j:plain

そうした神話の「イザナギ」の背中に、崇神天皇稜が位置していました・・。これは一体、何を物語っているのでしょうか・・。

f:id:a-jyanaika:20210127233909j:plain

いや、それにしても・・、奈良の歴史の深さはハンパ無いですね・・。私のフィールドの「幕末」なんか、現代に思えてきます・・^^;
古代史、神話浪漫を巡る奈良の旅は最高です・・!ヤバいです!クセになります^^;・・!

 

 

 

「五勝手屋羊羹」

f:id:a-jyanaika:20210126170945j:plain

こんばんわー、いよいよ3月ですね~。
例年ですと、2月の最終週あたりに、年に一度のお楽しみ、「龍馬をゆく」旅に出るのが私の恒例なんですが、例によって今年はコロナ・・。仕方なく「龍馬をゆく」は出来ませんでした・・・(T_T)しかし!おかげ様で現在は京滋に住まわせていただいている身の為、「龍馬をゆく」が日常にあるわけです!これは本当に有り難いことでございます(^^)

f:id:a-jyanaika:20210126171422j:plain

さて、うめじろうのスイーツザムライのコーナー!今日はこれまた、北海道和菓子のド定番!「五勝手屋羊羹」にございます(^^)!はい、スイーツザムライ、和でも洋でも何でもござれ!ただし、お餅だけはノーサンキューであります・・・^^;オモイカラ・・・笑(嫌いというワケではありません・・)
まるで発煙筒か、はたまた花火か。あるいはなんらかの仏具のようにも思えてしまうこの独特なイデタチ^^;懐かしいですねー。
上側の蓋をパカっと外し、にょきっとさせたら「紐」で切って食べるんですよね(^^)
しかし、

f:id:a-jyanaika:20210126171838j:plain

んな、面倒くさいことはいたしません・・^^;そのままいただきます!笑
あー・・これ、これ!甘くなくて美味しいです(#^.^#)久々に食べました~
んん~、いいですねー、最近あんこモノが特に好きになったような気がしましてね・・(#^.^#)歳かしら・・・?笑 お~い、濃いお茶、もってきて~。って、誰もおらんからっ・・苦笑

それではみなさん、今月も体調管理に気を付けて、頑張って参りましょう~
今日も一日、お疲れ様でした(^.^)/~~~

「ステーキくに」でワイルドステーキ300g

f:id:a-jyanaika:20210124231431j:plain

なぬぅ・・!?今月は29の日が無い~・・(-"-)!?そらせやろ・・、2月で肉の日があるのはオリンピックイヤーだけや!ほんなら、オリンピックも一年ずれたことやし、今年の二月は29日にしてはどや・・!?(オリムピックの行方は・・???)
と、言う事で、29の日が無いけど肉食べます^^;!肉が食べたいのです!肉、肉、肉!肉至上主義、うめじろうです!
さて、今回はこれまた私は滅多に行く事の無い、ショッピングモールのフードコートに入っていた「ステーキくに」です(^^)

f:id:a-jyanaika:20210124232150j:plain

「ステーキくに」言うたら、茨城時代によく道中見掛けた気がしますが、結局行った事はありませんでした。従いまして、初、ステーキくにです!
オーダーは300gがこれしかないから、グラムからのチョイスにて、「ワイルドステーキ300g」1496円。っしゃー!手持ちのブザーがブインブイン震えて、カウンターからじゅうじゅういってるワイルドなステーキを受け取り、その横でブラックペッパーをごりごり振りまくって、さあ、どこに座ろうかしゃん!

f:id:a-jyanaika:20210124232537j:plain

おおおお・・・、じゅうじゅういってると、じゅうじゅういってるうちに食べたいもんだから、焦るし・・^^;!
んだば、いただきます!んー!!!美味い(#^.^#)!!ステーキじゃ!笑

f:id:a-jyanaika:20210124233103j:plain

んんん~(#^.^#)やっぱり肉はいいですねえ~~!!元気が出ます~!!ステーキソースもいいんですけど、やっぱりボクぁ、塩コショウだな(#^.^#)!塩コショウだと、エンドレスでナンボでも肉食える気がします・・^^;

f:id:a-jyanaika:20210124233334j:plain

しかしですよ・・・、いろいろなお好み、ご意見あろうかとは思いますけれども・・、なんだかんだ言ってですよ、これだけのビーフを300g、1500円で食べれるというのはやはり魅力ですよね・・^^;現在、「いきなりステーキ」はやや車を走らせないとお店が無いので、ここは近場で便利かもしれません。へえ~、こんなところに「ステーキくに」があったんだ・・、という気持ちでして、今度リピートしちゃいそうな予感です・・^^;
いや!美味しかったです!満足、満足(#^.^#)ごちそうさまでした~!!

興福寺@奈良2020

f:id:a-jyanaika:20210126133352j:plain

ここ暫く、新撰組コンテンツが続いておりましたので、志向を換えて「奈良」です。
由緒正しきおっさんの愉しみ、「司馬遼太郎をゆく」です^^;
南都の代表的な大寺が、藤原氏の氏寺である興福寺。しかしながら例の明治の廃仏毀釈にて、堂塔伽藍のあらかたが廃棄されてしまったそうです・・。それまでの興福寺は、東大寺よりも規模は大きく、現在の奈良公園界隈の広大な土地が寺領でありました。

f:id:a-jyanaika:20210126134244j:plain

奈良ホテルに宿泊した司馬先生が、飲みに行く為に興福寺の境内を横切って歩くシーンが描かれていますが、私もそれに習って?奈良ホテル「側」から興福寺を歩いてみました。奈良ホテルは、興福寺の代表的な塔頭だった大乗院の庭園の中に建っているホテルで、明治12年創立のホテルです。さすが、作家先生が宿泊するような、いかにも、なホテルですよね。ちなみに私の宿泊したホテルは、2020年秋のGoto使用もあって、千円代でした・・^^;笑

f:id:a-jyanaika:20210126134935j:plain

興福寺が現在の場所に移ったのが、和銅3年?710年!だそうです・・!何度か焼失するも、藤原氏の経済力でその都度再建されてきました。藤原氏の氏寺ということで、もはや当時の「世界を牛耳ってる人の寺」でしょうから、ナンボでも再建されてある意味当然、なんて思ってしまいますね・・。

f:id:a-jyanaika:20210126135723j:plain

それにしても奈良の歴史はハンパ無いですね・・。余裕で1000年オーバー・・^^;私のフィールドである幕末なんざ、「ついこの前」です・・。
ちなみに、地球の歴史が約46億年?よく言われる、人類の歴史なんか時計に例えると、僅か1分にも満たない、なんて話がありますが、あまりに規模がデカ過ぎて実感がわきません・・。そこで、タモリさんが言う「お金に換えて捉える」が珠玉で、めちゃくちゃ実感出来るのです!地球の歴史が46億円。仮に奈良時代が1300年前だったとして、46億円のうち、「たったの」1300円なんです・・^^;!46億持ってる人からしたら、1000円代なんて、ウブゲですよね・・!笑
私の宿泊ホテルが4500円だったとして、更に司馬先生の奈良ホテルのスイートが30万だっとして、それどころの差じゃないんです・・!笑

f:id:a-jyanaika:20210126142012j:plain

すみません、話が脱線してしまいました・・。
さて、奈良ホテルから興福寺の境内を横切って歩いてゆく司馬先生、塔の軒下を歩くシーンが描かれています

f:id:a-jyanaika:20210126142201j:plain

この五重塔も何度か焼失したらしいが、現在の塔は室町時代のものらしい
1433年に復古再建されたらしい
塔の構造を上へゆくほど小さくちぢめてゆけば、はるかに天をめざすするどさが出る(法隆寺薬師寺の塔)
しかし、この五重塔は各層がほぼ同じでずっしりと重すぎる感じになっている

f:id:a-jyanaika:20210126142515j:plain

なるほど、言われてみればその通りで、非常に重たい印象の塔です・・。上の層がいかにも重そうで、バランス的に崩れてこないものか・・と素人ながら余計な心配をしてしまう様相です・・。このあたりはまた、建築の面から見てゆく歴史、というのも非常に面白そうですね

f:id:a-jyanaika:20210126143235j:plain

いや~・・、しかし、我ながら「司馬遼太郎を歩く」贅沢さを改めて実感しますね・・。知的欲求を刺激されて、本当に楽しいです!
秋田では、恐らく司馬遼太郎と関連付けてここを歩いた、という人は皆無であろう^^;という場所も楽しませていただきましたが、こうした世間的超ビックな観光スポットもまた、で、あるからこそ「司馬遼太郎を歩く」が活きてくるようにも思えますね。

f:id:a-jyanaika:20210126143817j:plain

さて、興福寺と言えばもうひとつ、めちゃくちゃ「贅沢品」があります!
そう、「仏像」ですねー!これは実は二週連続で奈良を訪れたのですが、その一回目に行きまして^^;、もう、めちゃくちゃ興奮してしまったのですが、これもまた「司馬遼太郎を歩く」に載せましょう

f:id:a-jyanaika:20210126144126j:plain

「阿修羅は私にとって代表的な奈良人」という司馬先生。興福寺の修羅像は「相変わらず蠱惑的だった」。人の心を引き付け、そしてまどわす様が表現されていると思います。

少女とも少年ともみえる清らかな顔に、無垢の困惑ともいうべき神秘的な表情がうかべられている
多量の愛、かつ大きすぎる自我をもっている
阿修羅のように多量の自我を持ってうまれた者は、困惑は闘争してやまず、困惑しぬかざるをえない

修羅像は私も実物を拝見しましたが、まさに男の子か女の子かわからない、見れば見る程にこちらが困惑していく気がしました。それでも私には女の子に見えましたが、それでいて尚、極めてキレイな顔立ちの男性アイドルとも見えるのでありました・・。司馬先生の表現を借りれば、「自我に苦しみつつも、聖なるものを感じてしまった心のとまどいをあらわしています」。

「シバさんは、こういう人はお好きですか?」と同行者に問われた司馬先生は、
「たれでも好きでしょう」とこたえます。
さらに、「こういう人、見たことありますか」と問われ、
たれでも見たこと、あるでしょう、とこたえます。
つまり、誰もが一度は眼にしたことがある普遍性、「少女崇拝の感情を濾過してゆくと、こうなると思います」と結んでいます。

なるほど、少女期にみせる一瞬の表情。絵にしろ彫刻にしろ、造形物においてこんな心の情景は私は一度も見た事が無かったかも知れません・・。あるとすれば、それは唄であるとか、無形のものにしか感じる事は出来ないと思っていました。
そうしたものがここに、しかも1000年以上も前に創造されていることに驚かされると同時に、現代より遥かに精神精度の高い文化というものを感じるのでありました・・。

f:id:a-jyanaika:20210126150830j:plain

興福寺@奈良2020

f:id:a-jyanaika:20210126151432j:plain

 

 

気が付けば、ムジラー??

f:id:a-jyanaika:20210124222432j:plain

こんばんわー。先日、無印に行ってまたちらほらと買物をしてしまいました^^;
私は自分の事を、いわゆる「ムジラー」だとは思っていないのですが、客観的によくよく考えてみると、実はムジラーなのかも知れないと思うようになりました・・^^;

f:id:a-jyanaika:20210124222637j:plain

そもそも私、元々は無印が好きではありませんでしてね・・^^;なんかこう、無機質なと言うか、フェミニンな色の薄さ、みたいなイメージで、何事にも濃いの好きなガツっ、と手ごたえ見応え腹応えが無いと満足しないような自分だったので、無印良品は私のような人間が利用するお店とは違うな、と思っていたのです・・^^;特別、安いわけでもないし、単純につまらない、と・・^^;

f:id:a-jyanaika:20210124223331j:plain

それがですよ・・、最初はフェイスタオルあたりだったと思います・・、何となく買って使ってみて、あ、いいな。と^^; 流れでバスタオルいきましたね。あ、バスタオルもサイズ感もちょうどいいし、使用感も良い、と。
その後、気が付けば、ハブラシ立て、パジャマ、愛用している自分がおりました^^;

f:id:a-jyanaika:20210124223801j:plain

一方で、無印自体も、非常にここんとこ伸びて来たということもありましょう。お店も方々に展開し、売り場面積も大きくなり、商品も多岐に渡ってきたと思います。自然、こちらとしてもお店に接する機会も増えましたし、買う商品も多くなっていきました。
仕事で履いてるパンツとか、靴下などの衣料品、そしてレトルトカレーをはじめとする食品関係、食器も無印になりました^^;これがまた、いいんですよねー(^^)
家具や家電まではいっていませんが・・^^;、首のまくらとか、パスポートケースとか、旅行用ポーチ関係、リュックにペン立てなんかも使っています。不揃いバウムクーヘンなんかもちょいちょい買ってますが、はて?こんな私は「ムジラー」でしょうか・・^^;?笑

f:id:a-jyanaika:20210124224917j:plain

今回、昨年春のコロナ自粛時から話題になるも、ずっと「品切れ」だと言われ続けた「マスクスプレー」、ようやくゲット出来ました(^^)スッキリしたいやらしくない香りで、いいですよ!webで見た爪切り(小)も買ってみましたけど、またの機会に実用感をお伝えしたいと思います(^^)
あ・・、ちなみにこのマスクスプレーの香り・・・、

f:id:a-jyanaika:20210124225456j:plain

西友PB商品の、この紅茶と「同じ味」がします・・・^^;(スプレーは飲んだことないけど・・笑)

皆さんは、お気に入りの無印商品などありますか(^^)?