うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「証拠の阿弥陀さま」勝林院@京都2020

f:id:a-jyanaika:20201108101337j:plain

♪京都~大原三千院
という唄があるようですが、その三千院を通り越して更に奥へ進んだ所に、「勝林院」があります。ご周知、「大原問答」で有名なお寺です。
今回私は、その宿坊であったという隣接する「宝泉院」の血天井を見学に訪れまして、そのついでに、お隣のお寺も見学したというものでありました。1013年創建とも言われるお寺の荘厳さに圧倒され、お寺にも仏教等の宗教にも、まったく無知な私ですが、その何とも表現しようの無い空気感に一瞬にして魅了されてしまいました・・。思いもよらず、相当な時間を過ごさせていただいたのですが、実はこの後、たまたま目にしたテレビ番組で、こちらのお寺が出ていたのです。それを見て、驚愕いたしました。
なるほど・・!どうりでハンパ無い魅力を醸し出している世界感だったのか!と・・!!
右脳の「勘ピューター」だけで生きているワタクシの身体に、電流が走る思いがしていたのには間違いありませんでした・・!笑

f:id:a-jyanaika:20201108103645j:plain

勝林院は、お経に節をつけて唱える「声明」(しょうみょう)のルーツの寺と言われています。「モロオリ」と言って、木の葉が弧を描きコロハラと落ちてゆく様子を描くような、山紫水明の自然をあらわすもので、自然からのインスピレーションを受けた謡い、と言いましょうか、僧侶の鍛え上げた声で唱えられたお経は、なんとも言えない美しい響きがあります。これは、日本の音楽のルーツとも言われています。本堂の中では、テープ録音でしょうが声明が流されており、思わず聞き入ってしまいました。

f:id:a-jyanaika:20201108104902j:plain

そして、圧倒されるのが、阿弥陀如来像です。
南無阿弥陀仏と唱えれば全ての人が極楽往生出来る」と唱えた法然と、否、それは厳しい修行を積んだ者だけのものだ、とする僧侶らと交わした「大原問答」。
上記、法然が自らの説を唱えると、この阿弥陀如来像が暗闇の中から光を放ち「その通りだ」と自らの教えを示した、という伝説です。
また、これより160年ほど前にも、勝林院を実質的に開いたとされる寂源が行った「大原談義」においても、この世における全てのものに救いはある、とした説法に、やはり阿弥陀如来像が放光し、本尊が自らの意を表したと言われています。聴衆は大いに驚き、このことから、本尊は「証拠の阿弥陀さま」と呼ばれるようになったそうです。

f:id:a-jyanaika:20201108124607j:plain

さて、そのテレビ番組では、私も予てからファンである磯田道史先生を始め、各専門の先生方が勝林院の調査をするといったもので、本堂、そして隣接する二つの蔵を調査する(2020年1月調査)内容でした。これがもう、驚きの連続でした・・・!
まず、上記ご本尊の阿弥陀如来像の中からは、江戸・鎌倉・そして平安時代の三体の仏像が出てきました。そもそも仏像の中というものは、例えば経文であったり、仏像やあるいは髪の毛など様々なものが納められている、さながら「タイムカプセル」です。台座の中からは「涅槃図」(お釈迦様が亡くなる時の様子を描いた仏画)が発見され、これはご住職も見るのは初めて、といったものでした。えっ・・、ご住職も見たことないの?と不思議に感じるかも知れませんが、こうした秘物等はむやみに開帳するものでは無く、場合によっては祟りがあると畏れるものです。連想したのは、これまた先日訪れた法隆寺夢殿にて、救世観世音菩薩立像の特別開帳が行われていたのですが、この菩薩像は約200年間厨子の中に眠っていたそうです。明治になってアメリカの東洋美術史家、アーネスト・フェノロサが「この厨子の中にはとんでもない秘物、お宝が入っているはずだ」とし、開けてくれ!と、長きに渡って粘りに粘った交渉の末、明治17年にようやく公開されるに至ったといいます。それまでずっと、祟りがある、として開けてはいけない秘仏だったのですね、思わずそれを、連想してしまいました。
更に、隣接する二つの蔵からも、お宝が次々へと発見されていきます

f:id:a-jyanaika:20201108131200j:plain

蔵からは、徳川歴代将軍の位牌や、「徳川家康の念持仏が寺に収められた」という古文書も出てきました。番組の中では残念ながら、家康の念持仏は発見されませんでした。念持仏とは、自分だけの仏を身に持っているもので、小さい仏像です。上杉謙信の泥足毘沙門天明智光秀地蔵菩薩豊臣秀吉の三面大黒天などが有名ですが、これに徳川家康阿弥陀如来像、というものが新たに証明されたらすごいことですよね・・。
そして、なんと浅井長政の直筆の書状(安堵状)が出てきたのです・・!!
時は元亀元年(1570)ということで、私は戦国もまるで無知なのですが・・、姉川の戦い織田信長に敗れた僅か5ヶ月後の書状。通説では、戦に敗れた浅井長政は近江に留まり衰退してゆくのだと思うのですが、この書状によってそれが覆されます。姉川の戦いの僅か5ヶ月後の時点で、長政は比叡山の西側、大原までをその支配下に置き、いざ京都に責め込まんとしていた状況が浮き彫りになってくるのです。比叡山は北陸から京都に米等を運び入れる「鯖街道」の言わば「首元」。そこを長政に押さえられていると言うことは、信長にとっては危機です。翌年の1571の「比叡山焼き討ち」ですが、これを鑑みると、焼討ちは単に織田信長の残虐性からの所業では無く、鯖街道を解放させるべく地政上の理由から坂本の宿坊を、そして大原に大きな影響力を持っている比叡山を焼討ちしたとも考えられるのです。つまり織田信長は相当追い詰められていた、と見ることも出来ましょう。これはすごいですよね・・、たったひとつの古文書から、歴史が書き変わる・・!同時に、明智光秀の安堵状の写し?も出て来たようですが、これは信長の下知によるものでしょうか?いずれにしても、このことから、名だたる戦国の武将達がここ、大原の支配を巡っていたことが伺い知れます。

f:id:a-jyanaika:20201108134625j:plain

そして同じく蔵から出てきた、中世最大の権力者、室町幕府三代将軍「足利義満肖像画」です!肖像画は出家後の姿の義満でした。
勝林院と足利義満との繋がりは、やはり「声明」でした。南北朝の動乱期に、足利義満武家は統一したものの、朝廷や神社仏閣は分断したままでした。そこで義満は出家し、「声明」の力によって朝廷を制し、天下に立とうと考えたのではないでしょうか。
応永13年(1406)、宮中で催された天皇家の法要に、義満は武家出身として初めて声明を披露したのです。「調声」といって、声明の「リードボーカル」だそうです。金の袈裟を纏い、花びらを撒きながら声明を披露する義満。武家が出家して僧になり、法要を取り仕切った前代未聞の事であり、これは宮中に与えるインパクトの大きさは、絶大なものだったといいます。義満は声明の力によって、武家だけでなく全てのものを束ね、絶対的な権力者であることを示そうとしたのではないでしょうか

f:id:a-jyanaika:20201108140801j:plain

そんな14世紀の南北朝時代の絵画が文字通り「お蔵入り」しており、人目に触れずに何百年間も時代を超えて姿を現すというこにと、改めて興奮を覚えます。こうした数々の、歴史的なお宝が黙って蔵の中に眠っているのです。
一般的な観光スポットとして、連日大勢の観光客が参拝に訪れる神社仏閣をブラブラ、も良いですが、やはり漫然と参拝するよりも、そこにある歴史的な側面をある程度勉強していないと、底深く楽しむことは出来ないな、と改めて思いまいた。そうであれば、逆に「観光スポット」ではない寺社等でも、相当楽しいです。
かなりな時間を勝林院で費やし、境内に入る時に渡る「三途の川」を再び渡り、妄想タイムワープしていた私は「現世」に戻って参りました。笑

f:id:a-jyanaika:20201108150252j:plain

ここにもありました。
「法年上人の腰かけ石」。
この後、普通の人にはメインなスポット、三千院にようやく移動です・・笑

 

 

 

「アラベスク舎オチャバ」でスパイスカレーランチ

f:id:a-jyanaika:20201116201935j:plain

こんばんわー、うめじろうの華麗なる日々、この日はアラベスク舎の支店??南草津の「オチャバ」です。

f:id:a-jyanaika:20201116202105j:plain

オーダーは、「スパイスカレー」550円+肉塊ハンバーグ載せ440円=990円です。
オサレな「お茶場」な空間は、まさしく女性の女性による女性の為の空間、カレーのプレートもオサレです(^^)店員さんも、お客さんも、女性の連れ添いばかり。おっさんにはアウェーな空間ですが、そんなおっさんにも優しく接してくださる、有り難いお店です^^;

f:id:a-jyanaika:20201116202556j:plain

今日のカレーは「パンプキンのカレー」だそうです(#^.^#)ほんとだ、頂点に、パンプキンのスイーツ的なものが鎮座しておられる・・。
そしてランチのセットには、昆布茶が付いていまして、このあたりが「女性」でしょう?笑

f:id:a-jyanaika:20201116202754j:plain

いただきまーす♡うん、美味しい(#^.^#)♪
そんなに派手さは無いですが、しっかりパンチも利いていて、肉塊ハンバーグが満足感を上乗せしてくれます!ハンバーグ二三枚載せるオーダーもありましたが、結構な金額になるのと、この空間はあまりそういうベクトルじゃないっしょ、と思い止めました^^;
やっぱりカレーはいいですねー!元気が出ます!師走の折り、風邪をひかぬようにしなければなりませんね、カレーを食べて免疫力UP、UPです!笑

 

 

アラベスク舎オチャバ」
滋賀県草津市矢橋町1551-5
10:00~18:00 木曜定休 

売れ残り品が売れ残ってる度が極端に低いこの界隈のスーパーで、100円太郎!

f:id:a-jyanaika:20201116200417j:plain

こんばんわー、うめじろうの「100円太郎」のコーナーです(^^)
今日も運良く「売れ残り品」が売れ残っておりましたー^^!今日は酢豚っす!

f:id:a-jyanaika:20201116200555j:plain

んー、これで十分、これで120円は御の字ですね^^;
朝から晩まで働き通しで、遅くに帰って来ては100円太郎・・。これがリアルな独居中年の暮らしです・・^^;普通なら、これにプシュッと缶ビールでも開けるんでしょうが、残念ながら私にはありません。下戸の為、サムライ失格!残念~・・・!!

f:id:a-jyanaika:20201116201024j:plain

いただきます。んー、正直言って、○○○○○○!!笑
いいんです、わかっております^^;、それでも100円太郎、ありがたいです・・!

それではみなさん、今日も一日、お疲れ様でした~(^.^)/~~~

宝泉院@京都2020

f:id:a-jyanaika:20201104132258j:plain

先日、京都の養源院を訪れて、「血天井」にまつわる歴史に触れ、俄然興味が湧いてしまいました。京都にいくつかあるという「血天井」ですが、たまたま大原三千院を訪れた際、「宝泉院」に出会い、ここにも伏見城の戦いで自刃した武士の「血天井」があるということで、見学してきました

f:id:a-jyanaika:20201104132754j:plain

「宝泉院」。建物は室町時代の文亀の再建だとされているそうですが、「血天井」が使われているという事で、既にそうでは無い、ということになります。関ヶ原の前哨戦とされる伏見城の戦いの血ですから、そのことから既に江戸初期以降の再建という事になってきます。建築の状況からも、江戸初期の再建と見られているようですね
宝泉院は平安末期からの歴史があり、元々大原寺(勝林院)住職の坊であったそうです

f:id:a-jyanaika:20201104133203j:plain

門に掲げられた「角大師」。ご周知、疫病・疫病神退散のお札です。
「元三大師」こと、天台宗の僧侶良源のお話は、今、まさにこの時代にタイムリー過ぎて驚きます。まさに歴史(過去)を見ることは、未来を見ることと同意なり。
良源は近江国浅井郡、現在の長浜市に生まれたということで、親近感を覚えるので少し触れましょう(笑
平安時代、疫病が流行した際のある日、良源にも疫病神が襲って来ました。疫病神曰く、「われは疫病神。今、天下に流行している疫病があなたも罹る。あなたのお体を侵しに参った」。これに対し良源は、「逃れられない因縁ならいたし方あるまい。この指につけよ」と、指を差し出しました。疫病神が指に触れると、全身に激痛が走り高熱を発して苦しんだそうです。しかし良源は、法力を持って疫病紙を退散させたのです。
その後良源は、体験した苦痛から、疫病に苦しむ人々を救わねばならない、と発心し、鏡の前で観念三昧に入られました。すると不思議な事に、鏡に映った自身の身体が、だんだんと骨ばかりの恐ろしい鬼の姿に変わっていったのです・・。これを弟子が書き写し、版木に彫りおこしてお札に刷りました。
良源は、「このお札を人々に配り、小口に貼りつけるようにすれば、疫病はもとよりあらゆる厄災から逃れられるであろう」と弟子たちに指示します。すると、このお札をいただいて、小口に貼った家の者は疫病に罹らず、また病気であった者も全快したそうです。以来、元三大師ゆかりの寺院では、このお札を「角大師」と称して、護符とされているそうです。ちなみに、元三大師はおみくじの原型をつくった方人、おみくじ発祥の人ですよね、「ブラタモリ比叡山の項でもやってましたっけ・・笑

f:id:a-jyanaika:20201104141608j:plain

すみません、門前だけですでに萌えてしまい・・、角大師を眺めるだけで相当な時間を費やしてしまいました・・・苦笑
庭にある、「法然上人衣掛けの石」。出ましたね、法然上人。そうです、ここは京都大原。「大原問答」ですね。大原問答についてはまた後日、「勝林院」で書きたいと思います

f:id:a-jyanaika:20201104142721j:plain

「宝泉院のゴヨウマツ」が、むこう側に見えます。これは縁側から眺められるのでしょう。

f:id:a-jyanaika:20201104142936j:plain

早速、中に入って見学させていただきます。
んん~・・・・。お庭がいやらしいですね~・・・笑 めっちゃ綺麗です

f:id:a-jyanaika:20201104143048j:plain

上皇様もいらしているご様子が、パネルに展示されておりました

f:id:a-jyanaika:20201104143204j:plain

秋篠宮殿下のお姿も、お若い頃の訪問でしょうか

f:id:a-jyanaika:20201104143254j:plain

ちなみに、私は今回人生で初めて車で「京都」に入りました。京都と言っても、大原ですけどね・・笑 大原は滋賀からだと非常に近いと言いますか、恐らく観光で、京都市中界隈からバスだのなんだので行くより、よっぽど近い(早い)のではないでしょうか?琵琶湖大橋堅田あたりから、ものの30分程度でした。

f:id:a-jyanaika:20201104143647j:plain

さて、客間に通されて、しばしくつろがせていただきます。
んん~・・あの肘立て、いやらしいですねえ・・笑

f:id:a-jyanaika:20201104143750j:plain

お抹茶と、餅をいただきまして、これを見ると壬生の「屯所餅」を連想してしまう、「幕末人」のワタシです・・

f:id:a-jyanaika:20201104143903j:plain

何とも言えない空間。こうしたひとときに、時空を超えて1000年前の先人たちと、同じ空気を眺めているというか、そんな気分にさせてもらえるのは私の妄想癖のせいでしょうか・・。こうしたひとときが身近にある、というのは本当に贅沢で幸せなことです

f:id:a-jyanaika:20201104144443j:plain

さあ、いよいよ「血天井」です。縁側の廊下の天井に敷かれた天井板。これが「血天井」とのことです

f:id:a-jyanaika:20201104144545j:plain

しかし、養源院で見た血天井ほどの生生しさは感じられませんでした

f:id:a-jyanaika:20201104144634j:plain

養源院に使われた板には、完全に血に濡れた手の跡であったり、指を引きずった痕が見られましたが(養源院は撮影禁止)、こちらはそこまでの生生しさはありません。

f:id:a-jyanaika:20201104144846j:plain

時節柄、観光客が少ないこともあって、あるいは三千院は訪れても宝泉院までは見学に来ないのかな、とも思いますが、非常にゆっくりと見学させてもらえました

f:id:a-jyanaika:20201104145017j:plain

この後、「勝林院」(大原寺)を見学させていただいたのですが、これがまた、ヤバい!笑
この頃、ちょうどあるテレビ番組の放送もありましてね、この「勝林院」を取り上げた特番だったんです。テレビを見たのは訪れた後の事でして、まあ、興奮しましたね~笑
それはまた、後日。
お付き合い、ありがとうございました~

 

 

セブン「胡麻が濃厚なゆで坦々麺」

f:id:a-jyanaika:20201104125513j:plain

こんばんわー、うめじろうズ、キッチンのコーナーです(^^)
今日の晩メシは、セブンの冷食、「胡麻が濃厚なゆで坦々麺」です!
キッチンとは言え、キッチンを使わない自炊コーナーですので^^;、もちろん、レンチンのみでございます・・笑
500Wで6:30ほどレンチンいたしまして、スープはお湯でといておきます

f:id:a-jyanaika:20201104125808j:plain

ジャーン!!完成~~(*^_^*)!!
先日買った、「レンジでらくチン☆ゆでたまご」も全力で活用して、しかし包丁は無いから手ちぎりにて投入~^^; 有効活用していますよ~笑

f:id:a-jyanaika:20201104130058j:plain

いただきま~す!!んあっ・・、うまあ・・(゜゜)!!
見た目はアレですけど・・^^;、さすがセブン、これ、めちゃ美味いですわ!はっきり言って、そんじょそこらの美味しくない店で出されるやつより、美味い(#^.^#)!!
レンチンのみですけど、こんなものでも私にとっては「調理」の敷居が高い・・!一番は時間が掛かります・・。休日(及びその前の晩)で、心と時間に余裕が無いと、これすら作る気になりません・・^^;そこに20~30分時間取られるなら、その分寝たいんですよね・・。
いよいよ12月に突入しました。今月は休み、週一くらいあるかな・・^^;??

と、いうわけで、今月のログはやや歴史巡り関連多めでいこうかな、と思います(^^)ご興味の無い方には、ごめんなさい・・^^;興味ありそうなものだけ見てやってくださいね~・・!
それではみなさん、今日も一日、お疲れ様でした~(^.^)/~~~