うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「京都守護職上屋敷跡」@龍馬をゆく2020

f:id:a-jyanaika:20200915225542j:plain

2006年以来の、京都守護職上屋敷跡地です。
前回は「新撰組」のカテゴリーでしたので、今回は「龍馬をゆく~京都編」に組み込みたいと思います

f:id:a-jyanaika:20200915225746j:plain

京都守護職会津本陣は、「くろ谷」さん、金戒光明寺ですが、ここは市中にあった上屋敷の跡地ということで、現在の府庁の敷地内になります。
くろ谷さんは、御所の東川の高台に、そしてこの守護職屋敷は御所の西側にピタリと張り付くような位置取りにて、東西から挟みこんでいるようです。
幕末における京都守護職会津、そして見廻り組に新撰組、外すことの出来ない大きな存在のひとつですね。今回改めて、御所からそれぞれのポイントポイントを歩いてみて、その位置取りや足での感覚、これによってより「なるほどな~」が深まったような気がいたしました