うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「きらく食堂」でミックスフライ的な定食

f:id:a-jyanaika:20191019221708j:plain

こんばんわ、この日は地元で人気のトラディッショナルな食堂、「きらく食堂」です

ガラガラッ、とお店に入ると、まるで船の船室?みたいに奥に向かって一方向に並べられた椅子とテーブル、こうしたお店も珍しいですね~(^^)

f:id:a-jyanaika:20191019221803j:plain

初めてなのでシステムが良く解らなかったんですが、とっても感じの良いおばちゃんがナビしてくれました(#^.^#)

丼もの等、個別に注文するメニューもありましたが、ショーケースに並んだお惣菜をチョイスしてみました!ショーケースに並んでる感じ、学生時代によく通った喫茶店のランチを思い出します(*^。^*)お皿が350円、ごはん150円、汁100円、〆て600円。

f:id:a-jyanaika:20191019222226j:plain

常連らしきおっさんの圧に気圧され・・、とりあえず焦って取った皿がこれ(^_^;)、ミックスフライ的な感じですね。

f:id:a-jyanaika:20191019222334j:plain

(゜-゜)!

これは・・!日本各地のトラディッショナルな食堂に展開されるお皿ではありませんか!笑

この文字体、色!まさに由緒正しき昭和の外食産業、って感じですね!

 

長万部の「伝説のカツカレー」、茨城県守谷市の「自由軒」も見比べてみてください(^^)

a-jyanaika.hatenablog.com

a-jyanaika.hatenablog.com

f:id:a-jyanaika:20191019223112j:plain

ほんだば、いただきます!おおっ・・、これは子持ちししゃものフライです、これはあまり食べたことありませんね~、んんー美味しい(#^.^#)

こちらのお店はごはんも美味しいです!(ボリュームもすごい・・)滋賀の外メシには「二種類のごはん」が存在する、というのが私の所感ですが・・^^;こちらはさすがトラディッショナルな定食屋さん、美味い(^^)

f:id:a-jyanaika:20191019223531j:plain

そして最も驚いたのが、この「お汁」です!(゜o゜)

おばちゃんに、「お汁は?」と言われて、反射的にあっ・・お願いします・・!とたのんだんですが、これがいわゆるうどんの汁なんですよ・・!これにうどん入れたらそのまま美味しい肉うどん、的な。これは初めての経験ですね~(*^。^*)味噌汁とか、お吸い物とか、まあ中華スープとか、色々ありますが、うどんの汁ってのは。

もちろん、七味振っちゃいましたけどね・・(^_^;)このお汁がまた美味い!てか、せっかくの美味しいお汁にうどん入れたくなっちゃう感じでした。いやー、いいですね、お店のおばちゃんの感じも良くて、最高でした。ごちそうさまでした~!

 

 

「きらく食堂」

滋賀県草津市草津2-16-28

11:00~14:30 16:30~19:00 日祝定休

f:id:a-jyanaika:20191019224142p:plain