うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「自由軒」のオムライスはあの「伝説のカツカレー」に通じていた!?

イメージ 1
守谷市の「自由軒」にやってきました前回、「オムライスが美味い」と情報を得て来たものの、ドタ優柔不断さを発動してしまいから揚げ定食にしてしまった為、再訪した次第です・・
イメージ 2
今回はしっかり「オムライス」(750円)
イメージ 3
んんん~これは美味いたしかに、オムライス美味いぞ情報は正しかったです
イメージ 4
ぷりっぷりのエビも入っててこりゃさいこーです美味い定期的に食いたい美味さです
イメージ 5
・・・。ふと、気付いたのですが、このお皿・・。どっかで見たことあるような・・・そうです!思い出しました!あの120年前の味を継承する、といわれる「伝説のカツカレー」でご紹介した長万部のカツカレー。アレの皿の文字がまったく同じ色、字体じゃありませんか・・
イメージ 6
・・・。だからなんだ・・?って話なんですが・・きっと似たような時代背景なのかな?などと思った次第で、いずれにしてもあの頃の、いわゆる洋食の技術みたいなものが各々のお店にベースがあったとするならば、これまた北海道の長万部と茨城の守谷というお互いがお互いに知らねえべ?知らねっぺ?という土地でリンクしたって事が僕には妙に嬉しかったりなんかしたわけです・・それにしても自由軒のオムライス、美味かったですごちそうさまでした


イメージ 7