うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

京都祇園【亀屋清永】きんつば吟角は、シャンパンのお供にもよき?

こんばんわー

なんでも仏教には「香食」(こうじき)という言葉があるらしく、これは死後、霊となった人たちは「香りを食べる」ということらしいのです・・・。

なるほど・・・考えてみたら昔からお仏壇等に「お香」を焚くのは何だろう・・・と幼い頃からずっと不思議に思っていました・・・。

なんとなく、その宗教的行事上のシャーマニズム的な要素のひとつとして「そういうもの」と捉えて今日まで生きてきましたが、なるほど・・そういう意味合いがあったんですね・・・。

よくこの世だけの在り様として「食べること」が挙げられる事がありますが、そうした事から考えても、なるほどあの世ではメシは食わないのか・・その変わり「香」は食べるんだ・・・と妙に納得。

私はかねてから「臭いに敏感だ」と書いてきましたが、もしかしたら私はもう、死んでいる・・?いやいや^^;、その一方で食う事だけを人生の楽しみとして?生きている訳ですから、間違いなく生きているということでしょう・・・^^;

さて、本日のうめじろうのスイーツザムライのコーナーは、先日UPしました京都祇園「亀屋清永」のきんつばです!

 

 

 

その名も京きんつば「吟角(ぎんかく)」ニ個入り756円。

みてください、この素敵な苺なデザイン(^^)

香は香でも、僕はイチゴの香りの方がええなあ・・・^^;笑

開封~♪

んお!なにやら植物の絵が刻印されています・・!

あー、あの植物の絵か・・・とは思うものの、なんて植物だか名前が出てきません・・^^;

割ってみます!パッカーン・・・!ぬほおっ・・・(゜゜)

なんという・・・これはまさに鉱物じゃん・・笑 ブラタモリに出て来る石の世界^^;

地方の土産屋とかでよく売ってますよね、鉱石を・・^^;

私の中ではこういうイメージ^^;キラキラ~~☆☆

祇園の金鍔、和菓子の宝石や~~

あ~・・上品ですね(#^.^#)

全然、甘ったれてない。プチプチした食感が、苺の種を連想させる作品ですね、美味しい♡

コーヒーもいいですし、やっぱお茶かな?

「お~い、お茶~」(だから誰もおらんて・・!笑)

ちなみに亀屋清永さんのHPによると、お茶の他シャンパンなどのお供にも、と書いてありました!へえ~・・!

と、いうことで、今日も一日お疲れ様でした~~!