うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

近江八幡地元中華料理店【沙羅】で「近江牛の韓国味噌炒め」

こんばんわー

この日のランチは近江八幡です(^^)

地元中華料理店「沙羅」にやって参りました。

入口の感じはこんな感じ。ちょっと中の様子が見えないと・・いささか入るのにも勇気が要りますが・・・^^;

北海道のらーめん店みたいですね~

やっぱり玄関先に、たぬきはいるんだ。笑

11:30のオープン時間になると、次々と車が駐車場に停まりバタンバタンと車からお客が降りてきます。

老夫婦、母娘、カップル。みんな連れ添いのお食事客、といった感じで、おっさんソロの客が多い中華料理店とは毛並みが違う感じでした^^;

 

 

 

さて、オーダーはランチメニューから、「近江牛の韓国味噌炒め」1380円。

サラダにスープ、ライス、そして、小皿に春巻きか胡麻団子が選べるとのことでしたので、胡麻団子をチョイスいたしました(^^)

サラダと、そしてスープが美味しい(#^.^#)♡

サラダが美味いとメインも美味い、といううめじろう的セオリーを感じつつ、近江牛の韓国味噌炒めをいただきます!

んん・・!?

これは・・、酸っぱめでサッパリめ!

もっとこってりとした想定をしていたのですが、まったく想定外のお味ですねー(#^.^#)!

例えるなら酢豚のような味付けで、酸味が利いています。それでいて、酢豚のようなとろみ感はなく、サッパリした感じですね(^^)

んー美味しい(#^.^#)♡

この酸味の聞いた味付けは、女子が好みそうなお味です。

私はもっと、例えばホイコーローのようなこってりした甘辛いイメージだったんですがね^^;それとは真逆のさっぱりさです!

んー、相変わらずピントが合いません・・^^;特にこうした、とろみが付いてピントの山が抓みにくいような被写体は、まるでダメっすね・・・^^;

ちなみにごはんとスープはおかわり自由、と書いてあったんですが、このスープおかわり自由ってなかなか嬉しいかも知れません(^^)

しかし私はフツーにお腹一杯になったので、スープのかわりはしませんでした。ごはんだけ、ちょっとおかわり貰いました(^^)

ほんとはチンジャオマニアとしては、チンジャオを頼みたい気分だったんですが、なにせ「韓国味噌」=「辛い」であろう魅力に負けて、こちらを頼んだのですが・・パンチは全然で、酸味重視な味噌炒めでした。

今日も美味しくお腹一杯です(^^)

ごちそうさまでした~~!!