うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

激うま!坦坦麺【胡YEBISU】四川風という響きに抗えない@山科

f:id:a-jyanaika:20220131224421j:plain

こんばんわー

この日は山科の坦坦麺店、「胡」(YEBISU)です!

坦々麺と言えばそらあもう、外すことの無いメニューと言うか、仮にあまり美味しくなかったとしても十分許容範囲に入れる食事というか、まあ言うたらごまかしも効く的な^^;?

私にとって坦々麺との出会いは函館。激美味な坦々麺のみ、一点メニューのこだわりのお店で、そこで坦々麺を食べたことによって坦々麺が大好物になってしまったという、今の所私的、人生最高の坦々麺なのであります(^^)

a-jyanaika.hatenablog.com

その後、坦々麺てこんなに美味いものなんだ、となった私は、あらゆるお店の坦々麺を食べましたが、未だここを越える坦々麺には出会っておりません。

坦々麺にも色々ありますよね(^^)辛いパンチ系、痺れ系、マイルド胡麻系。そのどれもがそれぞれ美味しいのですが、上記「同楽舎」の味は唯一無二、その全てが介在しつつ大枠としてはパンチ辛い系なんですが、酸味がまた絶妙でしてね!辛え~・・とか言いながらも決して鈍くいらやしい辛さではなく、アブラに例えればオメガ3的な?すっきりとした飲み口のスープで、身体の芯からいい汗出してくれるんですよね~^^;!

そんな坦々麺とはそもそも辛い食べ物、という認識だった当時からすると、最近はマイルドクリーミー胡麻胡麻した坦々麺が多くなった気がしますね。

f:id:a-jyanaika:20220131230732j:plain

さて^^;!坦々麺への熱い想いが前置きを長くしてしまいましたが・・・、オーダーは「四川風山椒シビ辛坦々麺」辛さ大880円です!

 

 

 

坦々麺でも色々なメニューが展開されておりましてね、麻辣坦々麺と激しく葛藤したんですが・・・決め手は「痺れ」!そして「四川風」という響きには抗えない自分がおりました・・^^;

f:id:a-jyanaika:20220131231123j:plain

着丼・・!うおおお・・・・(゜゜)

なんやヤバい粉がまるで火山灰のように積もっちょるぜよ・・・!

早速、いただきます!

うっほ・・!げっほ・・!!粉に・・むせた・・!!(^_^;)笑

このご時世、咳エチケットが大事ですんで・・、周囲をチラ見しつつ・・ゴメンねゴメンね~~笑

スープをひと口・・・・

すわ・・!う・・・・うめええええええええええええええ~~~~~~~~~~(゜゜)!!

久しぶりに・・・

辛い・・!!

口の中に広がる、蜂のひと刺し!う・・うめええええええ!!!!パンチ、キレッキレ!

f:id:a-jyanaika:20220131231803j:plain

もうスープひと口で確信してしまいました!

こういう都会のお店って、はっきり言って大概こんな感じだよね・・って事が多いので、正直期待していませんでした(スミマセン・・)

それが・・・久しぶりの感激に変わるまでに時間は掛かりませんでした。音速でそこにいく!

う・・うめえええええ・・・・(>_<)!!

麺をひとたびリフトすれば、中央に位置する絶品な挽肉のあんが、絡みついてきます!

くうう~・・・・美味い(#^.^#)♡文句無しで、ええじゃないかっ!ですねっ!!

酸味と痺れがたまりません・・!そしてキレッキレのパンチ!叩け!叩け!叩くんだジョー!!

f:id:a-jyanaika:20220131232556j:plain

身体の芯から、いい汗が噴出して来ました。心地の良い辛さとパンチ、痺れに押し出されるような涙が、目ん玉の上で表面張力が働いている感覚です(^^)

しかし・・美味い・・。

このクオリティで880円はイマドキ良心的だと思いました。

たしかに、函館のそれとはまた別物ですが、久しぶりに美味しい坦々麺をいただきました!これはまた、ぜひリピして違う種類の坦々麺もいただいてみたいですね(^^)!

山科にも学生さんが多く住まわれているのでしょうか?こうしたお店の味にも、なんとなく若い感性を感じるというか、最近のグルメな学生さん達にもこれは満足度の高い坦々麺でしょう。

いや~、美味しかったです!刺激の欲しいお年頃のあなた、痺れたいあなたにはぜひオススメの坦々麺です(^^)笑

ごちそうさまでした~!!