うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

壬生義士伝をゆく①吉村貫一郎が住んでいた場所@盛岡2017

イメージ 1
「うめじろうのええじゃないか!」を始めた2011年、記念すべき最初の記事が「私はコレで幕末にのめり込みました」だったと思います。そう、浅田次郎先生の「壬生義士伝」。以来私の幕末熱は上がり続け、全国各地の龍馬、幕末を歩くのが最大の愉しみとなってゆくのです。
今回は、東北住みを機に、そんな「壬生義士伝」の舞台、吉村貫一郎の故郷、南部盛岡を訪れました。
イメージ 2
「上田組町」。上田組町は壬生義士伝の主役、吉村貫一郎足軽組の住居群でありました。奥州道中北口の守りを担っていたそうです。
イメージ 3
路地を一歩奥へと入ると、お寺が見えます
イメージ 4
このお寺が「正覚寺」。浄土宗の古刹にて、上田組町のほぼ中央に位置しています。このお寺の門前で、花を売る雫石の娘、しづと貫一郎は出逢います。
イメージ 5
そのお寺の前の道幅は非常に狭く、おそらくは旧道跡ではないでしょうか。貫一郎をはじめとする、多くの足軽が行き来する様を妄想する・・。貫一郎としづとの出逢い・・。妄想力こそが歴史を心底楽しむ最大のアイテム、これが私の持論です(笑
イメージ 6
通り沿いにはこうした看板が設置されていて、「壬生義士伝」を巡るファンの心を躍らせてくれます!一般の人からすると、一体こんなただの通りを熱心に写真に撮って何やってるんだろう・・?と不審以外の何ものでもないでしょうね・・苦笑
イメージ 7




イメージ 8