うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「中井庄五郎殉難之地」@龍馬をゆく2006

イメージ 1
坂本龍馬暗殺の黒幕として疑われた紀州藩士三浦休太郎。「いろは丸事件」で龍馬側に莫大な賠償金を取られた紀州藩に恨みを買って暗殺された、と考えた陸奥宗光らは三浦らが酒宴中の天満屋を襲撃します。三浦は身の危険から新撰組に警護を依頼し、この時は斎藤一や大石鍬次郎らが警護についていたと言われています。
イメージ 2
この乱闘により十津川郷士、中井庄五郎が闘死。「天満屋事件」として知られています。場所は、龍馬暗殺直後に新撰組によって殺された伊東甲子太郎殉難の「油小路」で、幕末のイメージの中で血の匂いがプンプンする場所です・・。


イメージ 3