うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

おこげの風味バツグンの「らぁめん支那虎」

しばらくぶりに富良野を訪れると結構変わっていました。目論んでいたガソリンスタンドが存在していなかったり、北の峰あたりの道路も随分きれいになったなあと思いました。あの頃にオープンしたペンションとか、今や富良野定番の人気ペンションとして認知されていたり、学生時代に仲間たちと楽しく過ごした日々などを思い出したり、20代くらいの若い観光客が楽しそうに散策している姿を見ると特に思い出しますね
イメージ 1
それこそ以前富良野にも味噌ラーメンの「よしの」がありましたよね?よしのの味噌ラーメンと言えばその昔、私が旭川で初めて食べた私にとって「北海道初食の」ラーメンでした。その時は初めて北海道のラーメンというものを食って、なんと味の濃い、そしてなんてボリュームのある食いもんだと感じたのですが、以後ジワジワとその旨さにハマっていき、たまに無性に食いたくなるんですよね、よしのの味噌。この日は富良野にある「らぁめん支那虎」に行ってみました
イメージ 2
なんとも印象的なロゴです。なるとに炎?湯気?が立つデザインぽいですが、黒のバックは醤油やおこげを表わしているのでしょうか?しかし何故か私はBbという車を連想してしまうのでした
イメージ 3
「こげ塩」を注文。んっ、黒い!しかもなんとも香ばしく食欲がそそられます支那そば(醤油)とこの「こげ塩」(いずれも700円)が人気だそうです。中盛り(1.5玉)は+100円、大盛り(2玉)が+200円です。
イメージ 4
んん~・・美味い・・おこげの風味がサイコーですこれは私的には今まで食った事のない初めてのタイプのスープ・・。須藤製麺の麺もなんだか久しぶりでめっちゃ美味いっす麺をすすった時にスープと共に広がるおこげの風味、クセになる味でした
 
 
 
北海道富良野市幸町12−6
0167-23-2129
イメージ 5