うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

犬飼の滝(蔭見の滝)@龍馬をゆく2011

イメージ 1
慶応2年(1866)、伏見寺田屋で幕吏に襲われ負傷した龍馬は、3月におりょうとともに鹿児島に入ります。その直前におりょうを正式な妻とした龍馬。薩摩にかくまわれた龍馬らははからずも「新婚旅行」となりました。
イメージ 2
鹿児島城下では小松帯刀吉井幸輔の屋敷に滞在しました。その後、龍馬らは湯治に出掛けます。日当山、塩浸などの温泉を巡るのですが、ここには「龍馬ハネムーンロード」という案内板がしっかり設置されていました。
イメージ 3
「蔭見の滝(犬飼の滝)、その滝の布は五十間も落ちて中程には少しもさはりなし。実にこの世の外かとも思はれ候程、めづらしきところなり」とその手紙で感嘆しています。
イメージ 4
本来はこの滝の下の方へ降りた方がより迫力を感じられたのでしょうが、昨年の「長州巡り」でガタガタになったという若干の反省もあり、この日は下まで降りるのはやめておきました・・。
イメージ 5



イメージ 6