うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

もうどうしようもない・・と思った時はとりあえず、カツ丼を食べよう

落ち込んだ時にはカツ丼だ。

カツ丼に限る。

否、そんな時にはカツ丼なんか食ってる気分にならない?いや、それはよく解る・・。

しかし、だ。

食欲なんか湧かないかも知れないが、ひと口しょぼっと食べてみたら、二口、三口、食が進むかも知れない。

そして気が付けば、どんぶり片手にかっ込んでいる自分がいるかも知れない。

そう、カツ丼には不思議な力がある。一種の魔力と言ってもよい。

警察は、その魔力を活用していると言ってよいだろう。

ひとたびカツ丼をたいらげたらあら不思議、えもいわれぬ満足感が脳と身体に行き渡り、人は素直になれる。かも知れない。

もうどうしようもないと諦めそうな時・・・そんな時にはとりあえず、カツ丼を食おう。カツ丼が食べたくても食べれない方がいたら、周りの方にはぜひご支援願いたい。とりあえず、カツ丼を支援してほしい。

カツ丼を食べたらなんとなく、少しだけ安心感が生まれ冷静になれる可能性がある。

このカツ丼の不思議な魔力を科学で解明しようものなら、ノーベル賞、とまではいかなくとも、イグノーベル賞を受賞出来るかも知れない。

と、いうことで「カツ丼が美味い」と聞くに及んでやって来たるは「なかむら家」^^;!

すみません、カツ丼お願いしますっ!

 

 

 

カウンターの向こうの厨房のおっちゃんにお願いすると、暫くして声が掛かります。

「あい!カツ丼!」

あざっす・・!

出来上がるとおっちゃんがカウンターに置いてくれるので、セルフで取りに行くシステムです(^^)

なかむら家の「カツ丼」、イマドキの670円は安いっ!めっちゃ良心的です!

なんだか、飾らないおっちゃんの姿に優しさを感じるというか、カツ丼を前にして涙がぽろりとこぼれてくるような気分になっちまいます・・・(T_T)

とりあえずカツ丼食え。

そう励ましてくれているように感じてしまいます・・。

一味をふりふりして・・・。

沈んだ心にパンチで元気を与えましょう

いただきます。

んー、美味い(T_T)心の涙ぽろぽろ。

別に今日、明日、死ぬワケじゃないんだから・・。また明日からの生き方を焦らず探していけばいいだけでしょう。

人は「今」しか生きられない。今、生きたこの瞬間はもう、戻れない過去となっている。今しか生きられないんだから、先の事は考えてもしょうがない。ただただ今、を生きればよいのです!

大丈夫、きっと、お天道様が見ていてくれてるから。

手を合わせ、感謝の気持ちを祈りましょう。

ありがとうございます。明日へのエネルギーをいただきました。

おっちゃん、ありがとう、ごちそうさまでした~