うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

齢延寺と源聖寺坂@龍馬をゆく2018

イメージ 1
齢延寺に着きました。このお寺には、武市瑞山の義弟、妻富子の弟、島村寿太郎が埋葬されていると聞きました。
イメージ 2
さらには土佐藩郷士、安岡恒之進の墓もあるといいます。安岡恒之進は安岡嘉助の従兄弟にあたり、安岡嘉助と言えば、那須信吾・大石団蔵と共に、幕末龍馬ファンには有名な、土佐藩参政・吉田東洋暗殺事件の下手人として認識されている人物です。吉田東洋暗殺の黒幕は武市瑞山とされていて、そう思うとこちらのお寺は土佐藩との所縁があるお寺なのかな、と思います。
イメージ 3
そしてこのお寺の門前から、非常に雰囲気のある「源聖寺坂」がありました
イメージ 4
坂を下りきった所にあるのが源聖寺なので、源聖寺坂と呼ばれているそうです
イメージ 5
なんだかとっても雰囲気のある坂ですね。当時この坂の中腹に、「こんにゃく八兵衛」という祠があって、この八兵衛とは狸が化けたもので、こんにゃくを買ってこの坂を通ると、八兵衛にこんにゃくを取られたという言い伝えが残っているそうです。
イメージ 6
つまり江戸の頃は、狸が出没するような藪だったということですね。ちなみにここの石畳、大阪市電に敷かれていた石らしいです。こういうところは「ブラタモ的」ですね(笑
イメージ 7




イメージ 8