うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

大坂城@龍馬をゆく2018

イメージ 1
デカイ・・・。率直なる感想です。初めて来ました、大坂城
イメージ 2
この大きな歴史のポイントでは、あまりにも多くの要素があり過ぎて、「うめじろうのええじゃないか!」的には何をアーカイブすればよいものか・・、ちょっとわかりません・・苦笑)
イメージ 3
と、いうことで(笑)、とりあえず大坂城。ごくごく一般に観光したいと思います・・。
イメージ 4
と、言いながらもついつい気になってしまう、「幕末」。150年のキリ年で、各地、いろいろ催しもあろうかと思います
イメージ 5
この大きな歴史の現場にいるだけで、自然、気分が上がってきてしまいます!「幕末人」としては将軍家茂薨去、がとっさに連想されたりしてしまいます。慶喜公が密かに大坂城から脱出して逃げた、とか(笑)。私見では、慶喜公は物凄い人物、英傑に違いないと思っています。新撰組、龍馬から始まった私の「幕末」は、弱冠15年程経過して参りました。「うめじろう史観」をいつしか、展開していけるようにと思って、今現在は自分的に勉強中です。
イメージ 6
しかしデカイですなぁ~・・・北海道を離れて早4年、ちょっと北海道を離れると、もう眼が「広さ」感覚を忘れてしまってます・・・。
イメージ 7
綺麗に整備された城内をゆく
イメージ 8
しかしすごい人と熱気じゃ~!アジアの観光客
イメージ 9
おっ!見えて来ました天守閣!
イメージ 10
んん~・・・、立派ですねぇ~、さすがに!
イメージ 11
「幕末人」うめじろうは、真田丸とか全然知らなくて、このあと思いがけずに「ブラタモリ」で見た真田丸ポイントを歩くことになったのですが、ある意味アラウンド幕末しか知らなくて丁度よい、と言うか、いろいろ知ってるものが多過ぎると収拾つかなくなりますからね・・、見たいポイントが多過ぎてしまう恐れがありますよね、大きな歴史ポイントには
イメージ 12
せっかくなので天守に登ってみました。大都会のビル群が立ち並んでいます。この様子は当時の将軍が見ても驚きの光景でしょう
イメージ 13
あっ、あれが大坂城ホール!?武道館よりなんだか憧れる・・?
イメージ 14
やはり碑はおさえておきましょう。「大阪城址」。
イメージ 15
2018年2月


イメージ 16