うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

壬生義士伝をゆく⑤南部曲がり家@盛岡2017

イメージ 1
「しんづ」は雫石の出身でしたね。そのしづの実家の造りが「南部曲がり家」と言われる造りです。
イメージ 2
ここは御所湖湖畔にある、当時の南部曲がり家を残している場所です
イメージ 3
南部曲がり家とは、全国有数の馬産地であった南部藩によくあった家の造りで、土間に隣接して同じ屋根の下で馬を飼育していた故の造りだということです
イメージ 4
ここから馬の様子が見えるんですね。同じ屋根の下で暮らすという愛馬精神ですね
イメージ 5
土間に続く台所
イメージ 6
居間でしょうか。綺麗に整備されていますが、しかし毎度思う事ですが、当時の暮らしはどれほど寒かったことでしょう・・
イメージ 7
座敷です。秋田の奈良家住宅を連想しますが、座敷も寒いですね~・・・
イメージ 8
奥の様子。これじゃ、寒いに決まってますよね・・・
イメージ 9
しかし、ただ観光でここを訪れて「へえ~・・」と思うより、「壬生義士伝巡り」として、「しづの実家」として見学すると何十倍にも臨場感が溢れてきますね


イメージ 10