うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

壬生義士伝をゆく④石割桜@盛岡2017

イメージ 1
「南部の武士たれば 石ば割って咲げ」
という貫一郎のセリフ、たまんないですね・・!
イメージ 2
その「壬生義士伝」で語られる「石ば割って咲ぐ桜」、盛岡の天然記念物「石割桜」です
イメージ 3
ここは私のような壬生義士伝ファンが訪れる、のではなく、当然、一般観光スポットですので、県庁の玄関前、桜のこの時期にはそらあもう、凄い人出で賑わっていました
イメージ 4
しかし、これ・・・。ほんとに凄いです・・。でっかい均整のとれた楕円形の石も凄いですが、その石を割って桜の木が伸びているのです・・。
イメージ 5
よくアスファルトを割って生える雑草を目にしますが、まさにアレのでかい版!しかも天に向かって伸びる大木、美しい桜、圧巻ですね・・・。
イメージ 6
一般観光のみなさんはワイヤい歓声を上げつつシャッターを切っておられますが、私の中では吉村しぇんしぇえのお言葉が・・・リフレインしていました・・。
イメージ 7

盛岡の桜は石ば割って咲ぐ

盛岡の辛夷は北さ向いて咲ぐのす

んだばおぬしらもぬくぬくと春ば来るのを待つではねぞ

南部の武士たれば石ば割って 咲げ

盛岡の子たれば北さ向いて咲げ




・・・・・。感涙だす・・。。





イメージ 8