うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

旧山口藩庁門@龍馬をゆく2010

イメージ 1
幕長戦争参加後、藩主毛利敬親に拝謁するために慶応2年(1866)6月25日、龍馬は山口を訪れる。応援謝礼としてラシャの布などを拝領したとされています。一介の浪士の龍馬がいかに敬親に高く評価されていたかが伺い知れますね。
イメージ 2
龍馬もこの門をくぐったのか?と思うと自然、興奮します。現在の山口県庁の敷地に現存していました。
イメージ 3
もちろん、龍馬だけでなく高杉晋作桂小五郎など、この門をくぐったと考えると興奮です。しかし、幕府に無断で萩から藩政の中心を山口に移す、とは、完全になめてますね(苦笑)。やはり「押し込められた」萩よりも、何かと地の利があったのでしょうね。
イメージ 4



イメージ 5