うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

支倉常長の墓@仙台2018

イメージ 1
仙台藩「慶長遣欧使節」として、国内で初めての西洋帆船「サン・ファン・バウティスタ号」にて、欧州に派遣された支倉常長ら一行。しかしながら、通商交渉は不調に終わり、常長は7年越しに帰国しました。
イメージ 2
それから二年後、常長は失意のうちに死去した、と言われています
イメージ 3
その支倉常長の墓が、光明寺の墓地にありました。グーグルマップにもしっかり出てきます。
イメージ 4
「支倉六右衛門・ソテロの墓」。
イメージ 5
慶長遣欧使節の説明書きも設置されていました
イメージ 6
私が訪れたこの日、綺麗な花が手向けられていました
イメージ 7
ところが、この、支倉常長のお墓の話・・、まだ続きがあるようなのです・・。




イメージ 8