うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

水戸藩士自刃の碑@大阪2018

イメージ 1
「勤皇烈士」と碑に刻まれています「島男也」。元笠間藩士の旧居跡のようです。そして、並んで建つ碑「川崎孫四郎自刃の所」とありますが、水戸藩士のようです。幕末水戸藩と言えば桜田門外の変江戸城桜田門外で、井伊大老が水戸浪士と薩摩の有村次左衛門によって暗殺されました。
イメージ 2
江戸と大阪の同時決起を計画していたところ、幕吏に追われ自刃したそうです。まさか大阪で、桜田門外の変関連に出くわすとは思いもよりませんでした。笠間藩士の島男也は、幕吏に捕われ、江戸伝馬町で獄死した、と説明書きにありました。ここにも、幕末動乱の傷跡が、たしかにありました。


イメージ 3