うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

梶クマの墓@龍馬をゆく2017

イメージ 1
本蓮寺の隣に「聖無動寺」があります。本蓮寺と福済寺との間に位置しますが、二つの寺の入口に面した道路よりも一本上、になる為2007年時はお寺の存在が分からず素通りしてしまっていました・・。
イメージ 2
こちらのお寺には、幕末ファンの方々にはご周知、長崎で勝海舟の世話をしたおクマ(梶クマ)のお墓があります。
イメージ 3
毎回のことではありますが、故人のお墓を探すというのは本当に難しいです・・。今回は誰ひとりいない墓地で(墓マイラー時はいつもそうですが・・苦笑)墓地の斜面を上下左右にさんざ歩きまわり・・、ようやく辿り着きました。「梶クマ」墓。
イメージ 4
おクマさんは筑後町の米穀商の娘さんで、嫁ぎ先の夫を無くし実家に戻っていたそうで、そんな折クマ22歳、海舟33歳の時に出会いました。二人の間に梅太郎という子をもうけましたが、その後クマは26歳という若さで早世してしまいました・・。勝はその死をひどく嘆いたと言われています。
イメージ 5
そんな勝とおクマの物語に心を馳せていると、隣接する福済寺の「長崎観音様」の向こうの空に光の筋が走ったように思えて、なんとも言えない不思議な感覚でした。
イメージ 6
最後にヒントとなれば、お墓から見える長崎観音の見え方を載せておきたいと思います。真心あるファンの方の史跡巡りの一助となれば幸いです。合掌ー。


イメージ 7