うめじろうのええじゃないか!

貧困中年のサバイバル日記

下岡蓮杖の碑と銅像@下田2016

イメージ 1
下田公園を下って歩くと、「下岡蓮杖翁之碑」と銅像がありました。下岡蓮杖というと上野彦馬などと同じく日本の写真の先覚者の一人です。
イメージ 2
何やら不思議な杖が印象的ですね・・・。これは師の名前に由来して蓮根の形をした杖を作らせ、その恩を忘れないために持ち歩いていたそうです。当時の日本人にとって「ほとがら」とは、魄が抜かれる等怪しさ満載のデバイスだったに違いありません。この怪しげな杖が、それをまた倍増させているような気がするのは私だけでしょうか・・・(苦笑)
イメージ 3
文久2年には横浜野毛に写真館を開業したそうですが、勤王の志も強かったと言われているようです。出身が伊豆国下田ということで、この地に銅像と碑が建てられているようです。



イメージ 4