うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「高知県立坂本龍馬記念館」@龍馬をゆく2016

イメージ 1
わー、懐かしい・・・こちらも11年ぶりに訪れました~。「高知県立坂本龍馬記念館」。
イメージ 2
当時無かったものとしては館上部に設置されていた龍馬が描かれた大きなパネル、そしてコレ。「シェイクハンドぜよ~!」ってやつですね。
イメージ 3
この感じ・・どこかで見たようなデジャブが・・・。あっ・・函館の・・・
イメージ 15
北島三郎記念館」のサブちゃん・・(笑)
イメージ 4
館内に入ってみますと、ああ~・・コレも11年前のまんま。お久しぶりです!
イメージ 5
こちらのリアルな坂本先生は当時は無かったですね
イメージ 6
う~む・・、「霊山歴史館」の人形もリアルで迫力に満ちてましたけど・・こちらの先生もリアルぜよ~・・・。
イメージ 7
近江屋の室内を復元した展示も、当時は無かったと思います
イメージ 8
天井の低さ、がよく解りますね
イメージ 9
基本的には変わっていない様子でしたが、展示内容が増えている印象でした。いずれにしても、龍馬ファンとしてはひとつひとつをつぶさに見たい、時間がたくさん欲しい気分です。
イメージ 10
司馬遼太郎先生のパネルもあの日のままです。「竜馬」の産みの親であり、今私たちの多くにとっての「龍馬」は司馬先生によって出来上がっているとも言えその影響力は絶大です。無論、私も司馬先生の大ファンでありますので、当初このパネルをこの「坂本龍馬記念館」で見た時には大変感動しました。
イメージ 11
記念館の展望フロアから見る桂浜の海岸線の景色も変わりませんね~。今回はちょっと小雨模様でしたが、晴れた日には南海の風と言いましょうか、何とも言えない潮の香りが旅情をかき立てるんですね。
イメージ 12
しかしこの日は驚くほどに見学客が無く、オフシーズンとは言え11年前にもまったく同じ時期に訪れていますから、その時は観光バス等賑わいがあった記憶で、ちょっぴり不安を覚えるものがありました・・。ご周知の通り2017年1月~坂本龍馬記念館はリニューアル休館に突入します。オープンは一年後の2018年1月予定、とのことで暫くさよならですね。今行っておきたい方は今年中がチャンスです、リニューアル後の記念館も楽しみですね。
イメージ 13



イメージ 14