うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「斎藤一墓」@会津2015

イメージ 1
周遊バスに何回乗ったことでしょう?一回210円ですので、やはり一日フリー乗車券(500円)が必須です。
イメージ 2
今回の会津幕末巡りの大きな目的ポイントのひとつ、阿弥陀寺にやって来ました。
イメージ 3
阿弥陀寺には「御三階」と呼ばれるかつて鶴ヶ城本丸にあった建物が移されています。これは幕末ファンのみならずの観光ポイントのひとつのようです。
イメージ 4
そして目的の「斎藤一の墓」。
イメージ 5
ここも季節柄、雪に埋もれています・・。そんな中、やはり新撰組ファンと思われる熱心なファンの方が同じくここを訪れていました。
イメージ 6
コアな新撰組ファンには怒られるかも知れませんが、元々浅田次郎氏の「壬生義士伝」によってこの世界(幕末)にのめり込んでいった私は、その映画で描かれる「斎藤しぇんしぇい」(佐藤浩市)との出会いが強烈で、今だに幕末で最も怖い人のひとり、なイメージなのです。これは私の勝手な思い込みですが、新撰組好きとして知られる浅田次郎先生は個人的に斎藤一が最も好きなんじゃないか?と感じさせられまして、同じく「一刀斎夢録」に描かれる斎藤一の剣の恐ろしさや他に類を見ない臨場感です・・。「左利き」というのがまた特別な存在なイメージを大きくしているのかも知れませんが、そんな斎藤一氏の墓を訪れて興奮を隠しきれない私でありました。
イメージ 7



イメージ 8