うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「函館市恵山郷土博物館」@恵山2010

イメージ 1
函館在住時に椴法華や尾札部、南茅部側のことを私は「函館のイーストコースト」と呼んでいたのですが、「明日イーストコースト行ってぐる」的な使い方です(笑)。その、イーストコーストの「根元」には恵山があり毎年6月には「つつじ」が咲き誇りお祭りが開催されます。
イメージ 2
そんな恵山にひっそりと佇むようにあるのが「函館市恵山郷土博物館」です。この手の施設で「資料館」ではなく「博物館」というのがすごいな・・と思うのですが、ちょっと興味深い史料が展示されていました。
イメージ 3
榎本武揚らが明治2年蝦夷地に新政府を樹立した際の「布告書」の複製です。名前がスゴイですね、榎本釜次郎に永井玄蕃、そして新撰組土方歳三の名が記されています。
イメージ 4
函館周辺にはバブルの遺構のようなもの(場所)も多く残されており、少し薄気味悪い部分もあるのですが意外なところで幕末や新撰組に纏わるものに出会ったりするのには興奮します。函館市恵山郷土博物館の2015年度の情報を見ると「通年休館」となっており、やはり私みたいなマニアックな者しか訪れる人もいないのでしょう・・少し残念です。



イメージ 5