うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

バリエーション豊かな小鉢に驚いた「旬の厨房たかくら」の定食はおかあさんの味?

イメージ 1
今回訪れたのは茨城県つくばみらい市にある「旬の厨房たかくら」です以前ここの前を通った時、車が溢れるように停まっていたので気になっていました。
イメージ 2
一般家庭的な玄関を入ると小奇麗な座敷になっていて、おばちゃん3名?ほどで営業されていました。メニューはシンプルに3つ、メインのおかず鮭の西京焼き、サバの味噌煮、鶏のからあげから選びます今回はからあげをチョイス。しばらくして出て来た小鉢の盛り合わせに驚きうわあ~、なんだか豪勢です
イメージ 3
家庭料理のプロフェッショナルな3人のお母さんが織りなす食事って感じで、何だか安心感を覚える料理です。次々と入店してくるお客さんは皆女性の連れ合い。最近思ったんですが、何気に私の足が向くお店って、何故だかいつも女性客が多いんですよね・・なんでだろー・・?
イメージ 4
食後にはこれまた手作り感のあるカルピスの羊羹?と珈琲も付いて、1260円。「おかあさん」がいるランチだからお子さん連れでも安心なのかも知れませんねごちそうさまでした。



「旬の厨房たかくら」
月曜、第一日曜定休
11:30~14:30 17:00~20:00
イメージ 5