うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「亀山社中資料展示場」@龍馬をゆく2007

イメージ 1
私が長崎を訪れた2007年、閉鎖されている亀山社中跡家屋に展示されていた史料は別の場所のお宅に保管、展示されていました。
イメージ 2
例によって「社中ば活かす会」さんによる手書き看板。
イメージ 3
午後1時。開場の時間待つ事5分、「待ちましたか?」と社中ば活かす会さんが鍵を携えてやって来ました。「いえいえ」
イメージ 4
本当は風頭公園で2時間待ってた私(苦笑)「どうぞお入りください」ガラガラッと戸を開けて早速おじゃまします。
イメージ 5
展示場には幕末関連の写真がズラリ。こらあ興奮します。
イメージ 6
龍馬の写真も多数展示されており、ファンの気分を高揚させてくれます。
イメージ 7
ハッピを纏った社中ば活かす会さんによる講習が始まりました。「運の悪き者は風呂から出ようとしてき○○まをつめ割りて」という例の龍馬の卓越した文章の説明をされる活かす会さん。
イメージ 8
長々と滞在する私は、この講義を3回ほど聞きました(笑)
イメージ 9
こちらで「長崎龍馬地図」、「龍マップ」を購入しました。長崎の龍馬巡りをするには非常に解りやすいものになっていますので、お勧めです。私もまず長崎を歩く前にこのマップを手に入れるべきだった・・と後悔しました。史料の管理等、長崎龍馬巡りを楽しませてくださって、社中ば活かす会さん本当にありがとうございました。