うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「四国屋・丹虎」@龍馬をゆく2006

イメージ 1
土佐勤王党首領・武市瑞山の中心的な寓居地でもある「四国屋・丹虎」。
イメージ 2
物語上、龍馬と武市はここで一触即発の激論を展開する緊迫のシーン。とにかく、「勝を殺すな!」
イメージ 3
また、吉村寅太郎の寓居跡もすぐ隣にある。
イメージ 4
間口の狭い当時の家屋の在り方に、いかにも秘密めいた印象を持ってしまうのは私だけでしょうか?「池田屋」の際にも土方隊がここを探索したと言われ、幕末ファンにとって欠かせないポイントにも関わらず、当時これだけしか写真を撮れずに失敗しました・・・。次回の訪問時にはもうちくとましな写真を撮りたいと思います・・。