うめじろうのええじゃないか!

貧困中年のサバイバル日記

昭和ノスタルジーシリーズ第2弾「創業昭和10年」の歴史的ラーメン店「来々軒」で塩ラーメンを食す

イメージ 1
前回の湯の川の歴史的とんかつ店に続く昭和ノスタルジーシリーズ第2弾は、函館市末広町の「来々軒」。
イメージ 2
ここは有名店なのでガイドブック等にも登場し、場所がら観光客もよく訪れる歴史的ラーメン店です一見、店舗外観からやっているのかわからない感じを醸し出す様相。玄関なんか昔の歯医者さんとか、医者っぽく見えなくもない
イメージ 3
なんつったって「昭和10年創業」なので、おじいちゃんおばあちゃんよりも「先輩」だったりする店内のソファーなども歴史的なものと見え、スプリングが直にお尻にあたる感じがその歴史を雄弁に物語ります。ガイドブックを片手にザックを背負ったいかにも観光客的なお客さんも目に付きますが、やはり歴史ある町で歴史を堪能したくここを訪れているんじゃないでしょうか。
イメージ 4
注文したのは函館は「塩ラーメン」。非常にシンプルな塩ラーメンたる塩ラーメンです
イメージ 5
歴史を遡る毎に活気溢れる函館の町。そんな昭和の夢に耽りながら歴史的ラーメンを堪能させていただきました。
 
来々軒
函館市末広町16−3
イメージ 6