うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

京銘菓雲龍|創業宝暦5年!小豆の一粒一粒に注がれる心と技術|俵屋吉富

f:id:a-jyanaika:20210520200256j:plain

こんばんわ、うめじろうのスイーツザムライのコーナーです!

今日のおやつは、なんと創業宝暦5年!京菓子司「俵屋吉富」の「雲龍」972円です

f:id:a-jyanaika:20210520201107j:plain

七代目、石原留治郎が生み出した俵屋吉富の代表銘菓のひとつ、「雲龍」。
留治郎は相国寺が所蔵する狩野派雲龍図」に大変な感銘を受け、龍のたくましさや雄々しさを菓子で表現できないか、と長年に渡り構想を練り、ついに画期的で斬新な一本の棹菓子として「雲龍」を世に誕生させたのでした。

 

熨斗を剥がすと、迫力のある雲龍図が現れました!そう、まずは気分を高め、そして整えるべし!和スイーツに向き合うには、まずは精神を統一すべし!(あんたは一体、何者だ・・^^;?笑)

f:id:a-jyanaika:20210520202226j:plain

開封~♪

おわあ・・・(゜.゜)見た目的には・・・・

映えん・・・。^^;笑

f:id:a-jyanaika:20210520202338j:plain

とりあえず割ってみます(#^.^#)!

包丁とかないし・・、手切りのワタシ・・・^^;
おおお~~・・・なんか、柱状節理にようにも見えなくもない^^;・・、割った竹のようにもみえなくもない・・、小倉餡から放たれる光が、かぐや姫でも生まれて来そうな神々しさ!京都銘菓の竹取物語や~(#^.^#)(雲龍はどこいった?笑)

f:id:a-jyanaika:20210520202549j:plain

しからば、いざ!いただくでござる!

んあ・・!んんん~美味しい~~~~(#^.^#)♡

雲龍の如く、ワタシの脳内を駆け巡るドーパミン・・!嗚呼・・・もはや私は雲龍の小倉餡の虜にされてしまったぜよ・・・・(=_=)

f:id:a-jyanaika:20210520202657j:plain

いや、なんて言うんでしょう・・、全然いやらしい甘さは無い、というか、よくよく考えてみると全然甘くないのに、小豆のから醸し出される餡の自然な甘みがすう~っ、と入ってくるようで・・、こりゃあ、一瞬で私のお口に消えてしもうた・・・(#^.^#)
一見、そこそこ大きく思えたのですが、こりゃあ一本、秒でした・・^^;

願わくば、人生の苦楽を知った、潤いのある女性に淹れてもらうお茶と一緒に、いただきたいもんですなあ・・(#^.^#)笑

お茶は無いので、コーヒーと一緒にいただきました(^^)

大変おいしゅうございました~

f:id:a-jyanaika:20210520204443j:plain