うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

北御堂@龍馬をゆく2018

イメージ 1
「北御堂」(西本願寺津村別院)にやって来ました。ここは、姉小路公知ですね。
イメージ 2
文久3年(1863)4月に、勝海舟姉小路公知に謁見。攘夷派の急先鋒の公卿として有名ですが、この後5月に、京都御所「猿ヶ辻」で暗殺されてしまいます。ちなみに、この「猿ヶ辻」の物語でまっ先に思い浮かぶのが、司馬遼太郎「幕末」に収録されている「猿ヶ辻の決闘」。会津の大庭恭平が登場します。そして、隆慶一郎「異説 猿ヶ辻の変」も面白かったですね。こちらは、土佐の土方楠左衛門が真犯人を追う、という話です。
イメージ 3
そしてここには、親鸞上人、蓮如上人の像が向かい合って建っていました・・。この「上人」って、ヤバイ・・・というのがもっぱら最近の所感です・・。
イメージ 4



イメージ 5