うめじろうのええじゃないか!

貧困中年のサバイバル日記

お登勢墓(松林院)@龍馬をゆく2020

f:id:a-jyanaika:20200403213700j:plain

寺田屋お登背勢」。寺田屋六代目・寺田屋伊助の妻、お登勢は宿を切り盛りし、幕末の志士たちの面倒を見ました

f:id:a-jyanaika:20200403214247j:plain

もちろん、我らが龍馬も、そして妻おりょうも援けた女史です。「龍馬」という物語の主役の一人でもありましょう。

f:id:a-jyanaika:20200403214504j:plain

物語では龍馬の姉的存在として、龍馬が実姉の乙女と重ねて頼る姿に描かれています。そのお登勢は近江の人、大津の実家跡を訪れたのは去年、滋賀に住んでのことでした。

f:id:a-jyanaika:20200403214812j:plain

そんなお登勢さんのお墓を再訪しました。やはり、2006年以来です。実に14年ぶりの松林院。

f:id:a-jyanaika:20200403215030j:plain

当たり前ですが、なんら変わらずお登勢さんのお墓はありました。しかしながら、14年前にはその呼び名さえも知らなかった、「五輪塔」の墓石になっていたんですね。五輪塔にて極楽浄土に行かれる事が願われていたのでしょうか。

f:id:a-jyanaika:20200403215938j:plain

お登勢さん、ご無沙汰しちょりました。私事、今は近江に住んじょります。お登勢さんのご実家にも訪ねさせていただきました。こういう距離感だったのですね。14年ぶりに寺田屋にも寄らせていただきました。京にも近いきに、また寄らせていただきます!

合掌ー。

 

f:id:a-jyanaika:20200403220329p:plain