うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「尚古集成館」@龍馬をゆく2011

イメージ 1
幕末・島津、という面ではむしろここの方が外せない気がする「尚古集成館」。
イメージ 2
島津斉彬は西洋列強のアジア進出に対抗すべく、産業の育成を真っ先に進めていました。島津家700年の歴史を展示するという尚古集成館は見応えがあります。お土産的には「薩摩切子」のガラスが有名ですね。