うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「皓台寺」近藤長次郎墓@龍馬をゆく2007

イメージ 1
英国への密航が仲間に露見した近藤長次郎。実際には陸奥宗光が偶然に気付いた、とも言われていますが、長次郎は仲間に問い詰められます。「全ての事の大小となく相謀りてこれを行うべし」「もしこれにそむく者あれば切腹してその罪を謝すべし」という社中の鉄則にてらして。
イメージ 2
慶応2年1月、前出の小曽根邸にて自刃。行年29歳。皓台寺の小曽根の墓地にある長次郎の墓。合掌
イメージ 3
長次郎の号「梅花道人」にて、梅花書屋之墓。長次郎の墓碑は龍馬の筆と伝わっています。
イメージ 4



イメージ 5