うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

最上徳内墓@東京2016

イメージ 1
先日、都内を散策中、思いがけなく「最上徳内の墓」に遭遇しました
イメージ 2
蓮光寺の前を通りかかると、石碑があるとむむっ・・と反応してしまう昨今(苦笑)、「史蹟 最上徳内」!?に心内に雄たけびをあげてしまいました・・。
イメージ 3
最近ではすっかり「墓マイラー」な私・・。見つけました「最上徳内墓」。
イメージ 4
墓石の横にはとっても大きな石碑が建てられていました
イメージ 5
これまで数々の幕末人物のお墓参りをしてきましたが、こうしたプラスチックに囲われたお墓というのは初めてです・・。しかし、珍しい様相ですね・・・。
イメージ 6
私たち蝦夷にゆかりのある人間にとって、特に内地から蝦夷地へ大きな志を描き渡った先人たちにはそらあ、もう、とてつもないロマンとリスペクトを持つものであって、ある意味では私の心を解ってくださるのは先生たちだけ、という一種独特なる親近感を勝手ながら持つものなのです。嗚呼、合掌。
イメージ 7




イメージ 8