うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

2014-11-06から1日間の記事一覧

「走ることについて語るときに僕の語ること」に僕は友達をみる

村上春樹氏の小説で僕が特に印象的な作品が「羊をめぐる冒険」で、北海道を舞台とした作品として特に印象に残っています。その独特な世界観、この世から外れた異次元感、無音館みたいなものが怖くてとても印象に残っています。「1Q84」などでもそうですが、…