うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

天徳寺@秋田市2017

イメージ 1
佐竹氏の菩提寺、「天徳寺」にやってきました
イメージ 2
秋田市泉にある曹洞宗の寺院で、秋田藩久保田藩)の佐竹氏の菩提寺でもあります
イメージ 3
元々は佐竹氏が常陸の国に創建した(茨城県常陸太田市)のがルーツのようで、慶長7年、佐竹氏の転封に伴い、出羽の国に移されたそうです
イメージ 4
秋田に移っても、当初はここではなく、楢山地区の金照時山という極めて小高い山におかれていたらしく、その後火災により総門を残して焼失した為、ここ泉村の泉山に移されたそうです
イメージ 5
境内奥に佐竹家の霊屋が祀られていましたが、施錠されており見学は出来ませんでした
イメージ 6
本堂は非常に目を引く様相にて、まるで白川郷で見た家屋のでかい版、という印象です
イメージ 7
私が訪れた2017年の夏には修復工事が行われていました
イメージ 8
本堂や山門等、重要文化財として指定されているそうで、「十六羅漢像」など多くの寺宝もあるようです。毎年八月には、虫干しを兼ねて一般に無料公開されると聞くに、ぜひそういった機会に見学してみたいものです
イメージ 9
天徳寺正面に伸びる道路脇には、松が植えられており、往時の様子が偲ばれます
イメージ 10



イメージ 11