うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

ジムShoes

f:id:a-jyanaika:20191026145705j:plain

こんばんわ、うめじろうです

 

その昔、ジム通いを始めた頃の話なんですが

当時は生活が極めて困窮していましてね・・、ジム用のシューズが思うように買えなかったんです・・。有名メーカーのシューズはもとより、スーパーのカゴに山積みしている特価品の1980円すら買えず・・、探しに探してとあるお店で1280円で買ったと記憶しています・・(^_^;)

それもかれこれ十数年履き続ければ痛みも激しく、アウトソールが「ローリングストーンズ」みたいな感じになってしまいました・・。それでも尚しばらくは、履き続けていたのですが、いよいよ躓いて危なくなってきた為に数年前に買い替えたんです^^;

 

ジムで目にする、いかにも物の良さそうな有名メーカーのシューズたち。スニーカー好きな人等も多いのでしょう、お値段だって、さぞお高いのでしょう、いつもそれを目にしては、「ああ、いいスニーカー履いてんなあ・・」なんて思って来たのですが、

さて、いざ自分が買い換えようとした時に、今は買えるとしてもそんな良いシューズはいらない、と何故か自然に思いましてね・・、別に当時の辛い想いがあってふてくされている訳でもなく、安いのでいい!と自然に思ったんです。

 

で、新調したシューズ、2780円(^_^;)笑

もちろん、有名メーカーなはずもなく、聞いた事も無いスポーツ用品店のPB?(最近はSP商品と言うのかな?)です・・笑

 

やはり最初に買ったシューズは、捨てる時にためらいましたね・・(+_+)、、

もはや共に頑張って来た「戦友」ですから、最終的には写真に収め、もう本当に最後には手を合わせて「ありがとう」って心からお礼を言いました(^^ゞ

 

良いモノだから大事にする、というのはある意味自然な在り様なのかも知れませんが、逆に良くないモノを大事に大事に使ってきたら、最後は後者の方が断然別れ難い(^_^;)!と感じますね・・!

 

世間に目を向ければ煌びやかな「映える」ヤツらばかり、名もなき俺たちはブサイクながらもよく頑張ったな!的な?笑

人間、外見を整える事によって内面も磨かれてゆく、という側面もありますから、身なりをキチンとする事も大事ですが、一方で、内面を自ら研磨してゆくという事を疎かにしてしまっては元も子もありませんね!やはりそこが一番大事なことでしょう(^^)

 

ただ単純にジムで履く道具、に留まらず、そんな事までも教えてくれたジム用シューズ。共に活きたな、ありがとう!

裏切らないのは筋肉だけじゃないよね、君もだよ(^_-)!