うめじろうのええじゃないか!

貧困中年のサバイバル日記

「帆船」でひことろ丼

イメージ 1
彦根の名物に、「ひことろ丼」というカテがあるようですねやって来ましたのは彦根市の純喫茶?「帆船」。
イメージ 2
どうですか、昭和なジェネレーションがにょきにょきしているでしょう青森は弘前市の純喫茶もなかなかでしたけどね!
イメージ 3
あ、これこれ、これをいただきに参りました~手書きのPOPがまた、いい味出してます・・!
イメージ 4
ちわ~・・、コロカラン、とお店に入ると、感じの良いご年配の夫妻が迎えてくれましたん・・?でも、私の他には誰もいない・・貸切状態ですねすみません~、ひことろ丼をお願いします~!お水とお箸(ひこね丼アピール!笑)、そしてトン!と、七味が置かれました
イメージ 5
着丼ほほお~、近江牛の牛すじが煮込まれたお肉が載りますお吸い物が、なんだかとっても、久しぶり~
イメージ 6
ん?この赤いのはどうやらこんにゃくのようです。「井伊の赤づくり」を模した赤いこんにゃくだそうですちなみに、この「ひこね丼」自体なんで名物?って話ですが、そもそも観光客が、井伊家の紋を「丼」と勘違いしたのが発端だそうです。んじゃあ、いっそ名物化してしまおう!と
イメージ 7
温泉卵これは例のやつですね!ほうれ・・
イメージ 8
ぽちっと、な
イメージ 9
あ、カタメの半熟ですね・・少し自分で広げます
イメージ 10
そしてもちろん!七味ですねいささか赤みが枯れた感のあるトウガラシ・・よくある系なんですよね、こうした場合はお愛嬌
イメージ 11
では、いただきますあ・・酸っぱい・・!ほほう~・・、これは思っていた感じと全然違うお味ですね~・・!もうちょっと甘辛いタレを予想していましたが、酸味がとても強いです。これは酸っぱい系が好きな方にはいいかもです
イメージ 12
しかしメシの量が非常にボリューミーですね・・!こうしたトラディッショナルなお店って、たあんとメシを食わしてくれるサービス旺盛なお店が多い気がしますしかし壁に貼ってある「カレー」の文字が、最後まで気になってしょうがない、うめじろうでした・・ごちそうさまでした~!



「帆船」
滋賀県彦根市京町3-2-18
8:00頃~平日7:00頃まで 不定
イメージ 13