うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

女子のWhichiは悪魔のフレーズ

イメージ 1
こんばんわ、月に一度の自分磨き、歯医者でのメンテナンス&ヘアサロン、そして気分もスッキリ後のお茶、スタバでホワイトモカ(ショート432円)なうめじろうの休日です

さて、うめじろうがたまにぶつ、女子論、「うめじ論」のコーナーです
第二回は「女子のWhichi」編です。

「ねえ~、こっちと、こっち、どっちがいい」

でた

女子お得意のフレーズ
「Whichi」である。

例えば洋服。手にしたAとB、互いに身体に当てながら問う
「どっちがいいと思う?」

聞かれた男は真剣に
「Aがいいと思うよ」とか、「Bがかわいいんでない?」
などと真剣に答える

が、しかし!

女子のWhichiに対しては、真剣に答えてはいけないのだ・・!
上記、AとBの場合、すでに彼女の中では今のお気に入り、気分は既に決まっている
言いたいだけ、自分の気分を高めたいだけの「ポーズ」なのである

女子同士でよくあるではないか
Whichiを使いながらキャーキャー言って盛り上がる、あれである

その気分は買物しかり
あれもいいね、これもいい、う~んどっちがいいかな、どっちもいいな

で、結局何一つ買わずに終えて言うのだ
「あ~、楽しかったね!」

何が楽しかったんだ・・!?
男には、まるで理解が出来ない

そもそも、男の意見など端っから聞いちゃいないのだ
女子のWhichiに対しては真剣に対応してはいけない
真剣に助言してあげようなどと思おうものなら、男としては心が砕け散る・・

大概、
ええ~~・・・こっちの方が絶対かわいいってー・・
と、蔑まれて終いである・・

んんん~・・
女子の「Whichi」には真剣に向き合うなかれ・・!
男にとって、女子の「Whichi」は悪魔のフレーズ・・・

イメージ 2
と、言う訳で・・
ようやく買うことが出来たローソンの「悪魔のおにぎり」
イメージ 3
なるほど~・・、天むす的な要素ですかね、たしかに美味しいしかし、ネーミングが上手いですよね、「悪魔の」なんて言われると、どれどれ、試してみたくなるのが人の性!たしかに、「悪魔的なおいしさ」でございました
それではみなさん、ごきげんよう