うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

角館「生もろこし」

イメージ 1
こんばんわ、うめじろうのスイーツ侍じゃぽんのコーナーです秋田銘菓に「もろこし」っていうお菓子があります(小豆粉を焼いたもの?ラクガンの一種らしい)。道民感覚としては、「もろこし」と聞くと「とうきびを連想してしまい、おっ!久々にとうきび!いいねぇ!って思ったら、全然違う和風なお菓子でした・・
イメージ 2
で、その「もろこし」。先日、角館で「生もろこし」のお店があって試食してみると・・あっ・・美味っ・・ざらぬかっ、とした舌触りにお口に溶けて、これがまた熱い緑茶(濃いめ)に合うんですわ~!で、早速買ってきました~
イメージ 3
「小京都」と呼ばれる秋田角館はシダレ桜で有名ですね京都と言えば「八ツ橋」。なんだか老舗さんどうしで訴訟とか報道にありましたけど、その八ツ橋なんかもはや「生」がぱっと連想され、普通の硬い八ツ橋はよう食わんけれども、生八ツ橋は好きなワタシその京都の八ツ橋にもろこしを例えると、これまた普通の硬いやつは興味ないけれども、生もろこしは美味いという相似象なのであります元々こういうお菓子にはあまり興味がなかったんですけど、ワタシも歳をとったのかなぁ・・やけに美味いのであります・・。「生もろこし」見つけたらぜひ、お試しくださいそれでは、みなさん、今日も一日お疲れ様でした~