うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

ギンブラならぬ「アキブラ」でしょうが焼き定食

イメージ 1
「ギンブラ」とは元々、銀座をブラブラする意味ではなく「銀座でブラジル(コーヒー)を飲む」ことを意味したと以前ブラタモリで見た記憶ですが、ブラジル(コーヒーの)をこよなく愛する私はザギンならぬ秋田市内をブラブラします今日は秋田の観光ポイントのひとつ、「秋田市民俗芸能伝承館(ねぶり流し館)」、そして隣接の「旧金子家住宅」の道路挟んで向かい側にある大町のサンパティオという場所の二階です
イメージ 2
我ながらなかなかマニアックだな・・と感じる商業施設に潜入・・コーヒールーム「ブラジル」です
イメージ 3
珈琲店奥に喫茶ルームがあり、軽食もありですはい、オーダーはもちろんしょうが焼き「ポークロースしょうが焼き定食」920円。
イメージ 4
んんっ~・・!これ、良い感じのやつじゃないですかぁ~
イメージ 5
いただきますああ~・・美味い・・甘辛いしょうがのタレが堪らんです、はい
イメージ 6
もち、コーヒーも付きますが、セットは「ブレンド」とのことまあ、そこのお店のブレンドを味わうのもマストっちゃあマストなので、素直に従いますんー!非常に甘い香りのたつ美味しいブレンドでございました!ちょっとマニアックな場所ですけど、ちょいと気になるお店のひとつになりました



「ブラジル」
秋田県秋田市大町一丁目2-7
イメージ 7