うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「にぼしのなみ」

イメージ 1
「らーめんを探して3000里」のうめじろうです茨城暮らし3年目にしてようやく悟りました。ワタシの定義するところのらーめんは、無い3年彷徨い続けましたがもうやめにします、人間、割り切りが重要ですねさて、そんならーめん事情の中、これは自分の中では新しいジャンルで好印象ならーめんがあります。「煮干し」です。このジャンルはワタシのらーめんにこれまで無かったジャンルで、これはイケてます!はじめてこれ系を食べたのは地元で人気の「イチカワ」でした。なるほど、これは背骨の通ったアイデンティティがありますねそして今回訪れたのは活龍系の煮干そば専門店「にぼしのなみ」です。
イメージ 2
「純にぼしそば」750円。めちゃくちゃ濃厚な煮干しのスープにこれまた独特な麺が鎮座します細かく刻んだ玉ねぎがまた特徴的ですよね、ネギじゃなく玉ねぎ。甘い玉ねぎの風味が濃厚煮干しと合い絡まって絶妙ですね!
イメージ 3
煮干しそば、これはこの地で出会った素晴らしいらーめんです今ンとこ、私的に人に勧められるのはこれと白湯ですね



「にぼしのなみ」
11:30~14:30 17:30~22:00
イメージ 4