うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

大黒天「経王寺」山門に残る新政府軍の弾痕

イメージ 1
西日暮里の大黒天「経王寺」前を通りかかり、案内板を目にして思わず足が止まりました
イメージ 2
慶応4年(1868)上野戦争時、敗走した彰義隊をかくまっていたため、新政府軍の攻撃を受けることになり、その山門には弾痕が残るとありました
イメージ 3
幕末を巡っていると、墓マイラーだけでなく、弾痕も追うようになりますね(苦笑) 
イメージ 4



イメージ 5