うめじろうのええじゃないか!

貧困中年のサバイバル日記

取手「レガシー」のジャンボハンバーグ定食が美味い!

イメージ 1
取手市戸頭駅近くに昭和な喫茶店をみつけました「軽食喫茶レガシー」。昭和な喫茶店の中には食事が美味い店があり、やがて評判となって今ではすっかり定食屋、昼時には近所のサラリーマンや学生でいつも満席、そんなお店ってありますよねそういった店のマスターはちょっと「とりさん」風だったり、ミスターオクレ風だったりするもんですが・・こちらの喫茶店はそうではありません・・。
イメージ 2
いつでも肉が食いたいうめじろうは、美味いと評判の「ジャンボハンバーグ定食」1050円を注文おかあさんが作ってくれる定食はいかにも定食で、とっても美味しそう
イメージ 3
この日の店内には昭和なグランドジェネレーションな常連と思わしき客が二名、会話の雰囲気からどうやら通院後の来店と思われます。ちゃり~んころ~んと入って来たこれまた常連らしきおばちゃんは、ああ~暑いわねえ~・・はあ~暑い暑い・・、と手うちわがこれまた昭和そのもの入るやいなや「お弁当ひとつちょうだい」と日替わり弁当を注文、喫茶店でイートインな「お弁当」というのがまさに昭和なテイストでしょう!下町ドラマ世代のボクはこうした風情がちょっと気に入ってしまいました・・
イメージ 4
とりあえずお約束いっときます、プチっとな!入口前の席では難しい顔をした年配のおっちゃんが新聞を読みながらコーヒーを飲んでいますああ、ここはそもそも喫茶店、を思い出させてくれます
イメージ 5
作りたてほやほやのハンバーグは美味いめちゃめちゃ柔らかいハンバーグでうまくつかまなければほぐれてしまう感じです。やっぱり昭和のお母さんの作る食事はハンパない、と思わせてくれる美味さですねいや~久しぶりにリアルな食事をさせていただいた気分です、こういう美味しい食事を取ると健康になったような気がしますね!
イメージ 6
大満足の食事を終え、お愛想してお店を出るところで、さっきの新聞読んでたおっちゃんが「はい、どうも!ありがと」と・・あ・・。こちらのご主人だったんですね・・・さすが!やっぱり昭和下町風とくれば店の人が店でくつろいでいてこそ、ですよね~・・最高です、また来ますねごちそうさまでした~



「レガシー」
茨城県取手市戸頭6-23-6
イメージ 7