うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「碑前祭」@函館2009

イメージ 1
例年の「五稜郭祭」の一環として執り行われる「碑前祭」の様子です(2009年)。
イメージ 2
まずは「中島三郎助父子最後の地碑」前からのスタートです。
イメージ 3
中島町」「榎本町」等町の名前にもなっている幕末ポイント満載の函館市内ですが、「中島三郎助祭」と称された慰霊祭が執り行われます。
イメージ 4
式典が終わるとエキストラの方々がバスに乗り込み次の地点へと移動します。私も「先回り」して一行の到着を待ちます(笑)
イメージ 5
次の「碑」は前述の「碧血碑」です。幕末の行列に扮した参加者の方々が坂を登ってきました。
イメージ 6
山の中をこういった様相の集団が歩くとやはりちょっと異次元な空間が醸し出されて楽しませてもらえます。
イメージ 7
一行が碑の前に到着しました。観光客と思わしきカメラを手にしたギャラリー、そして私みたいな「地元の好きモノ」が祭事を見守ります(苦笑)
イメージ 8
ラッパの演奏があり、粛々としたムードの中慰霊の儀が執り行われました。
イメージ 9
碧血碑の次、碑前祭最後の地は「土方歳三最期の地」です。またまたご一行はバスで移動します。
イメージ 10
一本木に一行が到着しました。碧血碑前とは違ってギャラリーの方も多少多めです。
イメージ 11
一本木関門、土方歳三最期の地碑前で祭事がはじまりました。
イメージ 12
私は幾度となくここを訪れては幕末の妄想に浸ってきましたが(苦笑)、これほどこの地で人を見るのは初めてでした・・。
イメージ 13
ここでも慰霊の儀が執り行われ、ラッパの音色が初夏の函館の空高く響いていました。
イメージ 14
函館の幕末にまつわるお祭りですが、幕末にご興味のある方はこの「碑前祭」に同行してみるのも楽しいかも知れません。2009年碑前祭の記録でした。