うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「傷心惨目碑」@函館2014

イメージ 1
函館「高龍寺」。こちらもものすごい「方々」が眠っていらっしゃる歴史の深いお寺さんですね。「新撰組」の項では多くは書ききれず、また脱線しまくってしまうのでここでは「傷心惨目碑」だけにいたします(苦笑)。
イメージ 2
函館戦争寺、高龍寺はもっと坂の下の方にありましたが、旧幕府軍の病院として使われていました。明治2年5月に新政府軍が乱入し傷病兵を殺傷、火を放ちました。犠牲になった会津藩士を供養する為、高龍寺が現在地に移転した際に旧会津有志が碑を建てたそうです。
イメージ 3
この時は冬場で雪に埋もれていましたが、あえてこの絵をアーカイブしておこうと思います。



イメージ 4