うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

「松前城」@松前2008

イメージ 1
日本最期の築城「松前城」。北海道で城(天守)のある景色はここだけなので道民目線では非常に稀有な町です。
イメージ 2
土方歳三率いる旧幕府軍が攻め込み落城するんですね。
イメージ 3
松前藩についてはこれまた稀有な藩として興味が尽きないのですが、幕末からは少し離れた点でも興味深いものがあります。農本主義な江戸時代において、そして北海道における様々な要素が歴史ファンの興味を誘います。そういった点もいずれアーカイブしていければいいなと思っています。
イメージ 4
この絵は8月のものですが、毎年5月の連休前後には桜の季節となり、道南地域のみならず全道から観光客が訪れ賑わいます。道内においてはいわゆる「和風」な場所が少ない為か、GWの人気行程のひとつとなっています。
イメージ 5
福山城跡」碑。
イメージ 6
ここも桜のシーズンの撮影スポットですね。やはり桜と城というのは食で例えれば「食い合わせが良い」のかも知れません。
イメージ 7
鎌倉ではありません(苦笑)。松前町です、しかも6月でもなく、8月です・・。



イメージ 8