うめじろうのええじゃないか!

幕末巡りと食べ歩き、時々うめじ論

らーめん一杯380円!?って大丈夫?と心配になる安さのとんこつラーメン@秋葉原

イメージ 1
先日、秋葉原でらーめん「380円」の文字が眼に入り、入ってみました狭い店内、昼時は店の外まで待ち客が行列です・・。らーめん一杯380円とかって、北海道的感覚ではまずあり得ないというか、私自身がかつて北海道に移住した時に思ったのが、「ラーメン高っ!味濃いっ!しかもなんちゅーボリューム!?」でしたその逆バージョンの驚きですね。
イメージ 2
食券買って店員さんに渡すとすぐに出てきました。とんこつラーメンです私はとんこつラーメンってほとんど食った事がないので、本場の九州で一度試してみたいと思っているのですが、なかなか機会に恵まれません。しかし、私はこの食券というのがどうも好きじゃなく、それだけで味が落ちるような感覚になってしまうのは私だけでしょうか・・
イメージ 3
麺は堅めでお願いしましたが、後から来た常連らしき客が「麺、バリ堅で!」って・・なんですぐなにかと「呪文」にしたがるんでしょうね?極細なそうめんみたいな麺は歯ごたえがあって美味かったです。細っいおねいさんが「替え玉!」ガシガシいってましたけど、東京はさすがにバイタリティ溢れる所ですね
しっかし狭い・・、どこ行っても狭い・・蒸し暑い・・。東京は、熱帯雨林になったと思われ・・・

「福の軒」
イメージ 4